Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
マーティン・デイリー、マーゴ・ウィルソン『シンデレラがいじめられるほんとうの理由』  ★★★
なぜ継母はシンデレラをいじめるのでしょう?実はこの物語には、我が子を意のままにしようとする、世の母親たちの深謀が隠されているというのですが…。もはや現代の進化論は、キリンの首がいかに長くなったかとか、ウサギの耳はなぜ伸びたなんて研究をしてるわけではありません。現代の知の枠組みを変えつつある「進化論」の最先端を紹介する知的興奮のシリーズ第一弾。まずは、童話に秘められたアッと驚く真実を、進化論が見事に解き明かします。(Amazon)

 「進化論の現在」というシリーズの一冊らしいけど、シリーズが日本でどう翻訳されているのか説明が本に一切ないのであった……気になるじゃないか……。進化論の現在を随時発信していくものなのかしら。
 内容はタイトル通り、継子がいじめられる理由について、色んなデータを引っ張ってきたり自身で調査したりしながら記述していくもの。100ページ程度の本だけど、最初から最後までその話しかない。潔い。継子が継親にいじめられるのなんて、血のつながった子供ではないって理由だけで十分じゃないの? 自分の遺伝子コピーを残していくのが生命の目的なら当たり前じゃない? って考えたくなるところだけど、そうはいかない。ちゃんとステップを踏んで論文を出しても、否定的に受け取られるようだ。それほど倫理的に認められないってこと? へええ。
 Greater goodが学術世界を席巻していた頃を知らないからピンとこないなあ。養育期間や妊娠準備期間との兼ね合いで子殺ししない方が継親にとってメリットとなるなら、殺さないという選択をする方が増えていくわけで、人間も本来そうなのだと。でも虐待が起きてる割合は継親家庭の方が数倍から数百倍高いんだと。養子はまた別だそうです。環境によって自分の子を見分ける必要のある種は親のセンサー・子の伝達手段の両方が発達し、必要がない(巣が離れすぎていて自然には混ざったりしない)種は他の子供を入れておいても何も気付かないってのが面白かったです。その通りなんだけども(笑)
 生物は種全体の保存ではなく、自分と近い遺伝子の保存のために行動する。そうすれば種の保存というGreater goodを掲げる個体は必然的に数が減り、「利己的」な方は増える。
| 生物・自然科学 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
 科学は疑問をもつことから始まる。あくびはなぜ伝染する?なるべく雨に濡れない歩き方は?虫はなぜ群れ飛ぶ?ナックルボールはなぜ打ちにくい?真中の肘掛けは左右どちらの人のもの?TVでビッグ・バンを中継中?ガンはなぜV字編隊で飛ぶ?さかんに「まばたき」するのはどんな時?好奇心をもって見なおせば、思いがけない世界が広がる。

 非フィクションが読みたくなっても何を読めばいいのか分からなかったら大体まずは読め。話はそれからだ。さんの☆五つを検索してる。科学系は趣味が合う(偉そうだな)のでもっぱらお世話に。
 タイトル通り見慣れたものを題材に小ネタを書いてる感じ。久々に大衆科学本読もう、でも久々すぎてちょっと、というときのウォーミングアップにぴったりではないかしら。ユーモア交えて誰にでも分かるように解説してくれている。一つ一つが短いので気力も要らない。
 昔っからの性癖みたいなもんだけど、昆虫ネタはマジで萌えるな! やばいな! 生き様がSFだよな! 蜂ネタは何を読んでも萌えるけど、今回は蚊でした。「虫は何のために群れてとぶのでしょうか?」という項目だけでも読んでみることをお勧めする。
 ユスリカの雌がすごい。他の種類の蚊の群れ(雄)につっこんでってターゲットの上に落下すると二匹は一塊のまま地上へ。そんでユスリカ雌は別種雄の頭から体液を根こそぎ吸い取ってしまうらしい。同種との交尾のときは、同じように一塊になって落下する間に雌は体液吸い取りを、雄は無理矢理授精をするんだとか。結局雄はミイラになるのか……ユスリカ雌つええ! 擬人化したら萌えませんか? どこかで漫画になっててもおかしくないと思うんですが?
 「あくびはどうして伝染するのだろう?」には明確な回答がないけれど、読み始めたとたんにあくびが止まらなくなって笑った。不思議ねー。1989年の原書が1999年に翻訳されているから、今は分かるようになったことがたくさんあるかもしれないな。
| 生物・自然科学 | 01:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
アンドレア・ロック『脳は眠らない』  ★★★★☆
脳は眠らない 夢を生みだす脳のしくみ
脳は眠らない 夢を生みだす脳のしくみ
アンドレア・ロック,伊藤 和子
 夢の筋書きが奇想天外なわけ、うつ病やトラウマと夢の関係、夢から生まれた大発明、思い通りの夢を見る方法……。夢を生みだす脳のしくみを探っていけば、人間の意識の謎に近づける。個性豊かな研究者たちが、いまだ知られざる真夜中の脳の世界に挑む最先端の科学の現場。(Amazon)

 これは面白い! てか早いとこノンフィクションのカテゴリわけをしないとマズい!笑
 私たちが毎日見る夢について。全てのページが興味深かったので購入してもいいなあと思った。感情をもたらす脳内物質→夢におけるストーリー形成だとか、夢に出てくるのはネガティブな感情が多い理由だとか、夢も現実も脳にとっては変わらないとか、うつ病の場合はレム睡眠が有害だとか、明晰夢の見方とか、とにかく面白いので読んで損はないと思う。ネタにもなる。SFできそうだね。
 いいよいいよ、すっごいときめく。科学はときめき。間違いない。科学者って苦しそうだけど楽しそうだなあとビッグバン読んでたときも思った。本当に面白いなあ。事実だけでときめく。
 私はしょっちゅう素っ裸で街に放り出され、人目を忍んで逃げ惑う夢を見るので、フロイト的に抑圧された欲望を表象してんのかな……と思っていたけど違うのね。生き物にとって根源的な行動は夢に見やすいのね。性行為もしかりだとさ。そっかあ。夢でオーガズムに達すると、膣も呼吸もちゃんと達してる(?)んだって。すごいねー。安全なセックスだなあ。
 ぜひ明晰夢を見たい! 一度たりともこれは夢だと気付けた験しがない! 落下する夢は心底怖いので飛べるようにコントロールしたいよ……大抵落ちて目が覚める。
| 生物・自然科学 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ローワン・フーバー『脳とセックスの生物学』  ★★★★☆
脳とセックスの生物学
脳とセックスの生物学
ローワン・フーバー, 調所 あきら
 カタツムリは両性具有、つまりひとつの身体にオスメス両方の性機能を持っている。魚類のなかには、成長のある時点ではオスとなり、別の時点ではメスになるものがあるけれど、カタツムリはそれとは異なり、同時にオスでもありメスでもある。キューピッドの矢の交換を終えると、二匹はそれぞれのペニスを相手のメスの生殖器に挿し入れ、両方が相手の精子を受けとる。精子は消化される場合もあれば、卵子の受精に使われる場合もある。
 ねっとりとした親密さ? とんでもない。

 進化論の理論家たちは、もしオスの妊娠が起きるとすれば、性役割の極端な逆転が起こり、メスは自由になって、オスが通常やるようなことをしはじめるだろうと、早くから予言していた。そうして2001年12月になってようやく、メスのヨウジウオがほんとうに“ノーマルな”動物種のオスのように振舞うことが確認された。メスたちは互いに激しく争い、オスを惹きつけるために求愛行動をする。そして、そう、彼女たちは多くの異性とセックスしまくるのである。

 金銭は平均寿命に強い影響力をもつ。ほかに何が影響するかを確かめるために、トマスと同僚たちはまず金銭の影響を統計的にコントロールし、(中略)こうしたもろもろを処理して見つかったのは、人類は生活史理論が予測するパターンに従うということだった。これら153ヵ国のデータでも、英国貴族とショウジョウバエに認められたのと同じパターン、つまり生殖と寿命のトレードオフ関係が見いだされたのである。多くの子供を産んだ女性は、寿命が短い。

 平均身長の男性は、186センチの男性よりも子供をもうける率が低い傾向がある。健康状態や社会的ステイタス、教育水準などその他の複雑な要因を考慮にいれても、この差異は、背の高い男性のほうが異性を魅了する能力が高いことに起因するようにみえる、とネトルは語っている。
 女性たちについていえば、子供がいる比率が高いのは身長が151〜158センチメートルの集団で、これは平均身長の162センチよりだいぶ低い。
「背の高い男性と背の低い女性が、進化論的にいえば、近代的な人口集団においても有利であるようだ。それゆえ男女の身長差は、今後もなくなりそうにない」

 邦題が悪い。これだと「セックス中の脳活動を生物学的に考えますよ〜」って本だと思ってしまわないか? 私はそう思って読んだクチですが(笑)セックスってのはジェンダーに対するセックスで、原題は“Evolution, Sex and the Brain”。「進化、性、そして脳」って感じかしら。さすがにこのままじゃちっとも興味を惹かないけどね。
 なぜセックスはあるのか? どうしてヒトは賭博にハマるのか? 生命の謎はつきない。『ネイチャー』『サイエンス』が認めた最新生物学のホットな成果。『The Japan Times』連載中のコラムから40本を訳出。(Amazon)
 すっごくすっごく興味深くて面白かったので、どうせなら本にするにあたり改稿してほしかったなあ……各コラムの内容を更に深くつっこんで。無理なお願いか。お手軽に生物学の面白さを知ることができ、わくわくしながら読み進めていけるのは、一つのコラムあたり4・5ページという短さがいいのかもしれないけど。6章から成り立っていて、汽札奪スは生物学最大の謎、郷焚修呂弔鼎よどこまでも、景譴隼劼鬚瓩阿觧廚いけないドラマ、呼馼卒馼造膨む、糠召郎任皀潺好謄螢▲垢粉鏨院↓沙笋燭舛呂匹海ら来て、どこへ行くのか? となってます。
 何だかんだ言っても、最も惹かれたのはセックスの項。他の動物のセックスのありかたを人間にあてはめて考えると、それだけでお話が書けるくらいユニークです。カタツムリとヨウジウオはときめくなあ! カタツムリ嫌いだったけど今度から見る目が変わりそうです。
| 生物・自然科学 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
J.D.ワトソン『DNA』  ★★★★☆
DNA
DNA
J.D.ワトソン, 青木 薫
 旅行をまたいだので割と忘れていました。残念! 生物の知識は高校一年で止まっているような文系人間の私には、1〜3章の科学的説明は難解だった。頑張った、でも理解できない箇所が多々。
 DNAに関することがかなり広範囲にわたって書かれているので章ごとのタイトルを抜き出しておきます。
 序章 生命の神秘
 第一章 遺伝学の始まり メンデルからヒトラーまで
 第二章 二重らせん これが生命だ
 第三章 暗号の解読 DNAから生命へ
 第四章 神を演じる カスタマイズされるDNA分子
 第五章 DNAと金と薬 バイオテクノロジーの誕生
 第六章 シリアル箱の中の嵐 遺伝子組み換え農業
 第七章 ヒトゲノム 生命のシナリオ
 第八章 ゲノムを読む 今起こりつつある進化
 第九章 アフリカに発す DNAと人類の歴史
 第十章 遺伝子の指紋 法廷とDNA
 第十一章 病原遺伝子を探して ヒトの病気の遺伝学
 第十二章 病気に挑む 遺伝病の治療と予防
 第十三章 私たちは何者なのか 遺伝と環境
 終章 遺伝子と未来

 これだけ見てもかなりのハイボリュームだということがわかるはず。特に面白かったのは第六章、遺伝子組み換え農業についての章。むさぼるように読みました。
 訳者あとがきにもあるように、ワトソン氏はかなり率直に物を言うお人です。彼の意見がかなり出てくる。人間である以上偏りは避けられないし、著者本人が当事者なので更にそうなんだけど……当事者の意見が聞くのもいいことではあろうが、外からの目で誰かまた書いてくれないかなあ。死ぬほどわかりやすいサイモン・シンとかどうでしょう。
 でも後から考えるとすごい面白かったかも。興味のある分野だし。分野っていっても全てに繋がってきてしまうわけだけど。すごいなあ。
| 生物・自然科学 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
池谷裕二『進化しすぎた脳』  ★★★★☆
進化しすぎた脳  中高生と語る「大脳生理学」の最前線
進化しすぎた脳 中高生と語る「大脳生理学」の最前線
池谷 裕二, 長崎 訓子
「私自身が高校生の頃にこんな講義を受けていたら、
きっと人生が変わっていたのではないか?」
ベストセラー『海馬』の著者が、しびれるくらい美しい脳のメカニズムを語る。
自由意志からアルツハイマー病の原因まで、おどろくべきトピックスの数々。
●ラジコン・ネズミに自由はあるか?
●〈意志〉が目に見える?
●「悲しいから涙が出る」んじゃない?
●世界は脳のなかでつくられる?
●「見ること」は無意識?
●神経細胞は増殖してはいけない?
●脳があいまいなのには理由がある?
●神経に直接効く薬?
柔軟性を生むために発達したヒトの脳を、わかりやすく大胆に語った講義。

 私は本日、生理学のテストであった。すごくできなかったわけではないが、前期と同じく優を取ることは恐らく無理であろう。何故なら最後の問題に苦手としていたLTP(長期増強)の仕組みが出てしまったから。支離滅裂な言葉で埋め尽くしておいた。あー成績なんて見たくない。
 その授業は大脳生理学といっても差し支えのないほど脳みそのことばかりやっていたけど、私は第一回の講義に出られなかったために前期の細胞レベルの話はちんぷんかんぷんだった。NMDA受容体? イオンチャネル? 電位? 何それ? 最初に学ぶべきニューロンの基本をすっとばしてしまったんだからわかるはずがない。そんなこんなで一年間生理学の授業を受けたのだが、ミクロな話以外はとても興味深く(元々興味のあった分野だったので)、先生がブラックユーモアを盛り込んで頑張ってくれていたこともあり(動物実験とかね……私は)、総括的感想としては面白かった。しかしわかんないところはわからん。今日のテストみたいに。
 それが、本書に、載ってた。第三章。しかも死ぬほどわかりやすく。何で昨日のうちに読まなかったんだァァァそうすればちょっとはまともな回答が書けたかも知れないのに!
 時既に遅しだが、素晴らしい本に出会えたんだからよしとするか。本書の特徴は、とにかくわかりやすいこと。誰が読んでもわかるし、読みやすくできている。わかりやすい度(笑)ではサイモン・シンと並ぶかもしれない。とても優れた大脳生理学の入門書だ。高校生への講義が元だから、実際話してもらってる感じ。説明がうまいんだなー。サイモン・シンはどちらかというとストーリーテラーだから、別モノだったか。
 ドリトル先生シリーズの愛読者だった私としては、動物に言語は使用できないという文を読むたびへこみます(笑)
 生理学にしろ何にしろ、理系科目(文系理系って分けるのはよくないのかもしれないが)ってときめきの宝庫だと思うんだよね。授業でホムンクルスを知った時なんて身もだえしましたよ。しかし私が辛うじて踏ん張れるのは天文学と生物・生理がくの一部のみ。生粋の文系っ子ですが物理化学もゆくゆくは学習したいものだなあ……大事な数学も苦手だけれども……。
 以下は勝手なときめきメモ。あ、上で意味してるものとは異なるけど、すごくときめいたのは「ケプラーは脳の中に小人がいて、その人が物を考えているという説を大真面目に唱えた」ってことでした。ケプラーかわいい……!
続きを読む >>
| 生物・自然科学 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
遠藤秀紀『人体 失敗の進化史』  ★★★★☆
人体 失敗の進化史
人体 失敗の進化史
遠藤 秀紀
 わが遺体解剖も、まったく同じだ。無限に状況設定のある遺体との対面。血まみれの修羅場を思い起こして、何が起こっても大丈夫なように、頭脳を鍛え上げておく。それが私の仕事だ。
「遺体を前にした自分を普段から追い詰めておく」
 それこそが、遺体解剖に携わる私たちのプロ意識の現れに他ならない。

 科学が遺体で学問を可能にする術を、どれほど真剣な考えで築いているか。科学が遺体の周囲の人々とのつながりを、知のためにどれほど大切にしようとしているか。

 泣いたー(笑)笑い事じゃないんだけどさ。なんてサイエンスへの興味をそそる本なんだろうか。そこから日本の政治まで憂えてしまうくらい面白い。引用した文書からもわかるとおり、著者は遺体がもたらす知にものすごい情熱をかけている。
「私たちヒトとは、地球の生き物として、一体何をしでかした存在なのか」二足歩行という、ある意味とんでもない移動様式を生み出した私たちヒトは、そのために身体全体にわたって、「設計図」をたくさん描き換えなくてはならなかった。そうして得た最大の“目玉”は、巨大で飛び切り優秀な脳だったといえるだろう。ホモ・サピエンスの短い歴史に残されたのは、何度も消しゴムと修正液で描き換えられた、ぼろぼろになった設計図の山だ。その描き換えられた設計図の未来にはどういう運命が待っているのだろうか。引き続き、描き換えに描き換えを続けながら、私たちは進化を続けていくのだろうか。(カバー折り返し)
 ホモ・サピエンスが今のかたちになるまでにどれだけ長い時間を経て、どれほどの進化を遂げてきたか。著者は様々な動物と比べながらわかりやすく説明してくれている。ヒトがこの形状になるまでに行ってきた数知れぬ取捨選択。また他の動物がそれぞれの進化の道を歩み、自らのからだを適応させていく過程。ものすっごい!
 ヒトが二足歩行をはじめたことで得たものはたくさんあるし、デメリットも出てきた。それでも、よく頑張ったね、と自分のからだに言ってあげたくなってしまう(笑)そんな感動を味わったと思ったら、
 ヒト科全体を批判するのがためらわれるとしても、明らかにホモ・サピエンスは成功したとは思われない。この二足歩行の動物は、どちらかといえば、化け物の類いだ。

 もちろん、それは、次の設計変更がこれ以上なされないうちに、わが人類が終焉を迎えるという、哀しい未来予測でもある。

 ですってよ。ずどんと胸に落ちてきた哀しい未来予測。ここまで頑張ってきたのに次につなげることはできない。そう思ったら泣けて仕方がなかったです。
 終章の解剖学への熱さにも涙が出てきました。私は何ができるんだろう。
| 生物・自然科学 | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
竹内薫『99.9%は仮説』  ★★☆
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
竹内 薫
 つまり、時代と場所によって「正しいこと」は変わるのです。
 世の中に未来永劫正しいことなんて存在しない。なぜなら、人間の考えることはすべて「仮説にすぎない」からです。

 ひらたくいえば、理論に反する実験や観察がでてきたらその理論はダメだということを潔く認める、それが科学だっていうんです。

 科学と真理は、近づくことはできてもけっして重なることはできない、ある意味とても切ない関係なんです。

 これも予約かけてから随分待ったなあ。面白いのはこの本に書かれていることよりも、言及されている科学や科学史、そして哲学なんだろうな。そっちに目を向けるのもいいですよ〜って本か。
 「最近どうも頭が固くなってきたなぁ」そんなあなたにつける薬は“科学”です。文系理系を問わず、科学のホントの基本を知るだけで、たったそれだけで、あなたの頭はグニャグニャに柔らかくなるかもしれないのです。科学の基本―それは、「世の中ぜんぶ仮説にすぎない」ということです。思いこみ、常識、前例、先入観、固定観念……そういったものにしばられて身動きがとれなくなっている人っていますよね? 「なんでこんな簡単な話が通じないんだ!」ってイライラしますよね? そんなときは、気休めにこの本を読んでみてください。きっと、ものの考え方から世界の見え方まで、すべてがガラリと音を立てて変わるはずですから。(カバー折り返し)
 今サイモン・シン『Big Bang』を英語で読んでるんだけど、感想のために99.0%〜を読み直したら、科学者の名前の読み方がわかった!笑 Tychoって書かれてればティチョと読んでしまうのが日本人じゃないですか。ティコなんだって。読めないものは暗記しにくい脳みそですから、ドイツ人の名前とか絶対覚えられないんだよなあ。一度読んだ内容をすぐに忘れる点については突っ込まないで下さい。
 冥王星の特別扱い、なくなっちゃったね。私は結構ショックだったんだけど……水金地火木土天海、になるなんて。セーラープルートはどうするの?笑
 つきつめていくと人間存在や宇宙起源の話になってしまうわけで、哲学と科学は同じようなことを考えてるんだなあと思います。
| 生物・自然科学 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
遠藤秀紀『解剖男』  ★★★★
解剖男
解剖男
遠藤 秀紀
 動物の遺体を解剖して研究するということ、この本を読むまでは「気持ち悪い」と言っていたかもしれない。自分が知らない分野について意見を述べることがいかに危険かわかりました。遺体がもたらす知へのあくなき好奇心よ!
 のどの奥の未知、骨が語る履歴、目が決める物の噛み方……。動物の「遺体」は、かけがえのない知の宝庫だ。息を呑むような「進化」の絶妙さ。24時間戦う遺体科学者が、動物進化の神秘へ迫る。(Amazon)
 うひゃー! そうだったのかー! 動物の身体に隠された事実は面白いとしか言いようがないです。眩暈するほどの年月をかけた動物と植物の攻防戦には落涙しました。
 解剖学への情熱がびしびし伝わってくる本。心から楽しそうな写真には思わず笑ってしまう。こんな人がいるなら日本もまだまだ大丈夫だななんて……(笑)動物の周りにもきちんと目を向けていて、ラクダのくだりも微笑ましかった。大学生は怠けすぎですね。世の中には興味をそそることが溢れているのだからもっと勉強しないと自分。
 終盤には、解剖学が絶滅の危機に瀕している今日の状態について書かれていた。こういう本が広く読まれれば、明るい光が差し込んでくるんじゃないかな。私なんかは一瞬、これから理転して学者になるのは無理だろうから遺体の運搬に携わってみようか……と考えてしまったよ。選択肢の一つに入れておこう。他の著書も読んでみたい。
| 生物・自然科学 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |