Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
サイエンス・ウォーズ
サイエンス・ウォーズ
金森 修
 現代科学論による科学批判と科学者との間の激しい論争「サイエンス・ウォーズ」の経緯と、その学問的背景となる1970年代以降の科学論の動向を鳥瞰。科学と現代社会、その文化政治学を分析する。(Amazon)

 ゼミで発表することになった英文テキストがクーン以降ラトゥール初期だったんだけど、私にあまりに素養がなかったために本気でさっぱり分からず、理解するにあたってかなりの部分を本書に頼りました。STSを概観している日本語の文献が全然見当たらないんだよ! ラトゥール、カロン『実験室生活』すら訳されていないこんな世の中じゃ……ポイズン。これがなかったら発表できなかっただろうなあと思うことしきりだ。
 後半の事例、女性の生殖器についてのやつは読んでて貧血になるかと思ったわ。あと自分の思想がディープエコロジー寄りだというのが分かって何だかすっきり。伊坂幸太郎もその気があるよね。
 STSについては喧さんが書き込んだレビュー(Amazon)が役に立ちそうと思ってまだほとんど読んでません。……って遡ってみたら結構関心被ってるなあ。ああ、就活ほっぽりだして勉強したい。勉強してる最中はそんなこと思わないのに。でも勉強はしたいよ。
| 神話・宗教・思想 | 02:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
村上陽一郎編『現代科学論の名著』  ★★★★
現代科学論の名著 (中公新書)
村上 陽一郎
「科学とは何か」をラディカルに問う名著12冊のブックガイド。
ホワイトヘッド『科学と近代世界』
バシュラール『否定の哲学』
シュレーディンガー『生命とは何か』
マンハイム『イデオロギーとユートピア』
ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』
ポパー『推測と反駁』
ハンソン『科学的発見のパターン』
クーン『科学革命の構造』
ファイヤーベント『方法への挑戦』
サックレー『原子と諸力』
大森荘蔵『物と心』
広重徹『科学の社会史』(新書マップ)

 クーンが何かを知らないままクーン以降の科学論を読み出したら、日本語っていうか英語でおkくらいの勢いだったので借りた。……こっちから読むべきだった。まず訳語が分からんもん。反証可能性とか共役不可能性とか……って通約? 統一されてないんか。
 かなり噛み砕いて説明してくれてるので足がかりにはもってこいだ。とりあえず大局を掴まないとどうにもこうにもなので。パラダイムシフトがやっと(何となく)理解できた。パラダイムとかアレゴリーとかイデオロギーとかディスコースとか、本当にただの記号にしか見えないんですよ。言葉はもちろん記号なんだけど(笑)これでちょっとは楽になるはず……! いきなり発見のパターンとか出てくるし、何かと思ったよ。そういう本があったんですね。
 門外漢にも分かるように書いてくれる新書はありがたいなあ。いいの、ちょっぴり用語を齧ってみるだけで……私の頭には十分なの。ハンソンへのファイヤーベントの追悼文がひどく萌えだった。「君無しで、残された我々は、さらに努めなければならないのか……(君は来世など信じないかもしれないが)言わせて欲しい、もう一度会うまで、さようなら」。こういうのをたくさん載せてくれればこっちのモチベーションはうなぎ上りだ。ラヴェルが左手のための協奏曲を書いたのは、ウィトゲンシュタインの兄・パウルのためだったのか。てかウィトゲンシュタイン、ルートヴィヒっていうんだ。
 ……結局どうでもいいところばかり注目してしまったな。
| 神話・宗教・思想 | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
リチャード・ドーキンス『神は妄想である』  ★★★★
神は妄想である―宗教との決別
神は妄想である―宗教との決別
リチャード・ドーキンス,垂水 雄二
 人はなぜ神という、ありそうもないものを信じるのか? なぜ宗教だけが特別扱いをされるのか? 「私は無神論者である」と公言することがはばかられる、たとえば現在のアメリカ社会のあり方は、おかしくはないのか……『利己的な遺伝子』の著者で、科学啓蒙にも精力的に携わっているドーキンスはかねてから宗教への違和感を公言していたが、本書ではついにまる1冊を費やしてこのテーマに取り組んだ。彼は科学者の立場からあくまで論理的に考察を重ねながら、神を信仰することについてあらゆる方向から鋭い批判を加えていく。宗教が社会へ及ぼす実害のあることを訴えるために。神の存在という「仮説」を粉砕するために……古くは創造論者、昨今ではインテリジェント・デザインに代表される、非合理をよしとする風潮が根強い今、あえて反迷信、反・非合理主義の立場を貫き通すドーキンスの、畳みかけるような舌鋒が冴える。発売されるや全米ベストセラーとなった超話題作。(Amazon)

 妄想って言葉が既にねw 宗教への敵愾心むき出しの一冊でした。何でもかんでも自然淘汰を持ち出してくる力技にはあっぱれと言うほかないwww そこ自然淘汰で検証する必要あるのか、と何度思ったことかw 前半は大いに笑わせてもらったような。
 まあ私は完全にドーキンス側だから、ですよねーって頷きっぱなしだったんだけどね(笑)科学というフレーミングを何より優先する行為が大いに偏っていて、ポスト実証主義からしてみれば時代遅れなんだろうとは思うが(ポスト実証主義も時代遅れ?)、私はごりごりのポジティヴィストだ。
アメリカが先進諸国の中で最も宗教的な国、ってのは面白いよな。欧州のキリスト教国はもっと世俗化している。アメリカにおいて創造主義者がどんだけ幅を利かせているかをこんこんと語ってくれるんだけど、一方ではアカデミズム(特に科学)における創造主義者差別も激しいらしい。
 宗教がありかなしかと言ったら私は他人に迷惑をかけない限りはあり。しかし他人に迷惑をかけまくるものであるのは明らかなので、ドーキンス同様根絶されてもいいと思っているw 皆一緒に科学教に転向すればどうかしら。でもインテリジェントデザイン説は割とアリかと。山本弘『神は沈黙せず』みたいな。
 この本をアメリカ人が読むのと日本人が読むのとでは全然違うんだろうなあ。……にしても自然淘汰説大好きだなw 少なくとも私が生きてる間には、淘汰、されないだろうな。SFみたいに宇宙からの働きかけがあれば別だけどw ないかなーそんなスペクタクルな出来事。
 ドーキンスは宗教を憎んでいるんじゃなくて宗教の生み出す害悪を憎んでる。宗教の成す善はそれを埋め合わせるに足るものではない。宗教は戦争の一因であれど、全てではないし、宗教も戦争もなくならないだろうと思いました。まる。
| 神話・宗教・思想 | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
イアン・G. バーバー『科学が宗教と出会うとき』
科学が宗教と出会うとき―四つのモデル
科学が宗教と出会うとき―四つのモデル
イアン・G. バーバー,Ian G. Barbour,藤井 清久
 ビッグバン、量子物理学、進化論、遺伝子操作、人工知能(AI)など、現代科学が提起する知識を幅広く紹介しながら、それらと宗教との関わりを「対立」「独立」「対話」「統合」という四つのモデルに分類し、「科学と宗教」の相互関係について概観する。これまでの「科学と宗教の闘争」という視点を越えた多様な見方を提示して興味が尽きない。(Amazon)

 哲学の部分は読んでいてものすごい目が滑ったけど(特にプロセス神学がさっぱりだった)、面白いところもたくさんあった。宗教って部分はキリスト教に変えた方がいいんじゃないか? 有神論無神論言ってても結局は西洋だとキリスト教になるよなあ。
 私はまさにドーキンスの遺伝子観にかぶれている科学主義の唯物論者です。本書でいうところの宗教と科学の対立ってほどじゃないけど。独立かな。対話や統合の考えは出てこないや。私っていう意識は何なの? 生命って? 宇宙って? という疑問は全部科学に求めてきて、特に不満も抱いてないな今のとこ。でも科学を研究している人が対話・統合しようとする、またはその試みに賛同するのは興味深い。
| 神話・宗教・思想 | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
青木保他『神話とメディア』
岩波講座 文化人類学〈第10巻〉神話とメディア
岩波講座 文化人類学〈第10巻〉神話とメディア
青木 保
 すごい……全部通して読んだのはほんの一週間前くらいのはずなのに、全く覚えていない……! 論文が10個くらい入ってたんだよね。神話とメディアについての。うん。それで……。
| 神話・宗教・思想 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
デイヴィド マクラガン『天地創造 世界と人間の始源』
天地創造 -世界と人間の始源-     イメージの博物誌 20
天地創造 -世界と人間の始源- イメージの博物誌 20
デイヴィド マクラガン,David Maclagan,松村 一男
 こういうのばっかり読んでると頭がおかしくなりそうだぜ。好きだけど。
| 神話・宗教・思想 | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
Freya Mathews『The Ecological Self』
The Ecological Self
Freya Mathews
 一応読み通したのに全然そんな気がしない。
| 神話・宗教・思想 | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
松本健一『泥の文明』
泥の文明 (新潮選書)
泥の文明 (新潮選書)
松本 健一
 この人、学者なのか作家なのか、自己アピールが強すぎて鼻につくんだよな。はいはい自慢乙みたいな(笑)先行研究として取り上げる予定なので、こういう本があることはとても助かるんだけど。内容も興味深いし。でもなあ……。泥の文明の未来の可能性を贔屓めに探ってるのも、アジア人としてアジアコモンハウスが出来て欲しいってのも賛同するしいいんだけど……私が2ちゃん脳だからですか。すみませんね。
| 神話・宗教・思想 | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
松本健一『砂の文明・石の文明・泥の文明』  ★★★★☆
砂の文明・石の文明・泥の文明 (PHP新書)
砂の文明・石の文明・泥の文明 (PHP新書)
松本 健一
 世界はいま「文明の衝突」の世紀を迎えたという。だが、「アメリカ中心の民主主義」V.S.「野蛮なテロ集団」という構図だけで、深層は読み解けない。本書では、民族と風土のあり様を三つのカテゴリーに分類。「砂の文明」としてのイスラム、「石の文明」の欧米、「泥の文明」のアジア。そして各々の本質が“ネットワークする力”“外に進出する力”“内に蓄積する力”であることを考察。著者は、「泥の文明」が生んだアジア的思考に、西洋文明を超える力が秘められている、と語る。世界を歩き、縦横に思索を広げた独創的文明論。(カバー折り返し)
 日本を持ち上げてあるところが日本人としてくすぐったく、疑わしく見えてしまう点を除けばすごく面白かった。この短さでこれだけの豆知識(笑)を得られるんなら読む価値はあるよ。
| 神話・宗教・思想 | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
東浩紀『動物化するポストモダン』  ★★★
動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会
動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会
東 浩紀
 つまりオタク系の消費者たちは、ポストモダンの二層構造にきわめて敏感であり、作品というシュミラークルが宿る表層と設定と言うデータベースが宿る深層を明確に区別しているのだ。

 小さな物語は大きな非物語を部分的に読み込むことで生まれるが、同じ非物語からはまた別の小さな物語が無数に生まれうるのであり、そのいずれが優位かを決定する審級はない。

 オタクな私は興味深く読みました。とっても賛同できる箇所もあり、それはちょっと違うんでないのかなと思う箇所もあり。本書は主に男オタクに特化して書かれているからかもしれないけど。是非女オタクバージョンも出して欲しいなあ。最近出版された2も読むつもりです。
 オタク系文化を批評する意義――オタク系文化はJポップのような国民的広がりをもつ文化ではないが、決してマイナーな文化でもない。オタク系の消費者は、きわめて活動的な層に限っても、数十万の規模を下げることはないと思われる。そしてさらに付け加えれば、オタク系文化はもはや日本だけの現象でもない。オタクたちが作り上げたコミックやアニメ、ゲームなどの独特の世界は、アジア地域のサブカルチャーに深い影響を与えている。最後にもうひとつ加えれば、日本のネット文化の基礎はオタクたちによって築かれている。したがって、いま、日本文化の現状についてまじめに考えようとするならば、オタク系文化の検討は避けて通ることができない。本書の企図は、オタク系文化について、そしてひいては日本の現在の文化状況一般について、当たり前のことを当たり前に分析し批評できる風通しのよい状況を作り出すことにある。(Amazon)
 オタク以外の読者はついていったのかなあ。
| 神話・宗教・思想 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |