Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』  ★★★
本書はチェコ出身の現代ヨーロッパ最大の作家ミラン・クンデラが、パリ亡命時代に発表、たちまち全世界を興奮の渦に巻き込んだ、衝撃的傑作。「プラハの春」とその凋落の時代を背景に、ドン・ファンで優秀な外科医トマーシュと田舎娘テレザ、奔放な画家サビナが辿る、愛の悲劇―。たった一回限りの人生の、かぎりない軽さは、本当に耐えがたいのだろうか?甘美にして哀切。究極の恋愛小説。(Amazon)

 乗り切れないまま読み進めたが最終章のカレーニンにはぐっと来た。弱いんだよ、犬には……。『最後のウィネヴェーゴ』的な犬小説の一つとしておすすめできるかもしれません。しかし乗り切れなかったなー。私に教養と素養がなさすぎたんだろう。Amazonの評価すごい高いなー。翻訳は河出の方がよかったらしいのでせめてそっちを読めばよかったです。「デルタ(=女性器)」って原文がそうだったのかな。ちょっと可笑しかったな。
 チェコの小説ってカフカしか読んだことがなく、そのカフカもあまり近現代の歴史文化的バックグラウンドが描かれている方ではないので、知らない文化圏の価値観をかいま見ることができるという意味では大変面白かった。当たり前だけど西ヨーロッパとは違うんだねえ。東欧では夫婦は一つのベッドで寝ないのかしら。あのあたりがとても信仰深い地域だってのは旅行しただけでも感じた。プラハに残る美しい町並みと(市役所しか壊されなかったんだね)、ほとんど焼け野原になった(今は綺麗に再建された)ポーランドのワルシャワを思い出しながら、ロシアによる支配はたった数十年前まで続いてたんだなあと。重いね……。
 肝心な愛についてはですね、著者が顔を出してくるスタイルがどうもだめでして、他の本を読む気にはあまりなれませんでした。そこそこ楽しんだし、時系列が錯綜しているのも気にならないんだけど、いかんせん「私」がだめだー。
 あとがきについてだけど、もっと長々と著者紹介を入れてほしかったなあ。この本って日本においてはクンデラの代表作としての扱いだよね? 私でもタイトルを知っているくらいだから(他のは寡聞にして知らない)、相当だと思うよ。ってことは、この本が最初のクンデラ作品な読者は少なくないんじゃないのかなあ。文庫で値段も手頃だし。
 外国文学、しかもチェコという(失礼ですが)比較的マイナーな国の作家なので、背景やらこれまでの著作の傾向やらを詳しく書いておくに越した事はないのではないかと。さらっとは触れられていたけどね、もちろん。著者が亡命を余儀なくされて現在フランス国籍を取得しており、以前は母国のチェコでの出版が許されていなかったとか。一番大事なとこは書いてあったけどね。
 クンデラの著作は全て日本語で読めるということだから、他の本に詳細が載っており、あえて繰り返すまでもないとの判断なんでしょうが、マーケット拡大のためにも代表作に良い解説を、ぜひとも、という気持ちです。出来のいいレポートがあるのでしたら、要点の引用だけでも、お願いしたい……。
| 現代小説(海外) | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
リディア・デイヴィス『ほとんど記憶のない女』
「とても鋭い知性の持ち主だが、ほとんど記憶のない女がいた」
わずか数行の箴言・禅問答のような超短編から、寓話的なもの、詩やエッセイに近いもの、日記風の断章、さらに私小説、旅行記にいたるまで、多彩で驚きに満ちた〈異形の物語〉を収めた傑作短編集。カウボーイとの結婚を夢みている自分を妄想する「大学教師」、自分の料理を気に入らない夫の好みを記憶を辿りながら細かく分析していく「肉と夫」、思考する〈私〉の意識とメモをとる〈私〉の行為を、まったく主語のない無機質な文体で描く「フーコーとエンピツ」他、全51編を収録。「アメリカ小説界の静かな巨人」デイヴィスの、目眩を引き起こすような思考の迷路や言葉のリズム、また独特のひねくれたユーモアは、一度知ったらクセになる。(Amazon)

 小説とエッセイと哲学めいた短文集。一番長い話は飛ばしちゃったけど、これきっと英語で読まなきゃだめなんだろうな。フーコーの翻訳家であるそうです。読み切ってないので星なし。
| 現代小説(海外) | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベルンハルト・シュリンク『朗読者』  ★★★★
ベルンハルト シュリンク
新潮社
¥ 594
(2003-05-28)

15歳のぼくは、母親といってもおかしくないほど年上の女性と恋に落ちた。「なにか朗読してよ、坊や!」―ハンナは、なぜかいつも本を朗読して聞かせて欲しいと求める。人知れず逢瀬を重ねる二人。だが、ハンナは突然失踪してしまう。彼女の隠していた秘密とは何か。二人の愛に、終わったはずの戦争が影を落していた。現代ドイツ文学の旗手による、世界中を感動させた大ベストセラー。(Amazon)

 松永美穂訳を昨日から読んでいるのだが、30代の女性と15歳の男の子の交歓から始まって軽くきゃっきゃしていたら、30代の女性はナチス時代の看守であり、罪を問われて裁判にかけられる、という展開でドイツ文学……と思っている。私がもっと教養のある人間だったら、あるいはドイツ人だったら即座に見抜くのだろうなあ。ちなみにこの翻訳はぶっちゃけあんまりうまくない。翻訳がうまくないのか原文がうまくないのかというのは私にはわからんけどな。うまい翻訳に当たると嬉しいだけで。
 カバー折り返しに「ギュンター・グラスの『ブリキの太鼓』以来最大の世界的成功を収めた」って書いてあるけどマジで? ギュンター・グラスレベルの作家なのかい?いや、実は読んだことはないんですけど、さすがに名前はね……。
 最後は予想していなかったのでショッキングだった。うーん。胸が重くなるな。
| 現代小説(海外) | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』  ★★★★★
水が一滴もない土地で、老人たちに洗面器一つで水泳を教えようとする娘(「水泳チーム」)。英国のウィリアム王子をめぐる妄想で頭がはちきれそうな中年女(「マジェスティ」)。会ったこともない友人の妹に、本気で恋焦がれる老人(「妹」)―。孤独な魂たちが束の間放つ生の火花を、切なく鮮やかに写し取る、16の物語。カンヌ映画祭で新人賞を受賞した女性監督による、初めての小説集。フランク・オコナー国際短篇賞受賞作。(Amazon)

 とりあえず読め案件。
 短編集なので開いたところから読んでたら「妹」が老人やおいでビビった。なんと。これはちょっとすばらしいな。なかなかすごい話を書いている。賞をとって日本語にまで翻訳されている人に言うことじゃないけど。翻訳もいいですね。うまいです。岸本佐知子さん、名前だけは知りつつ一冊くらいしか訳書読んでないはずなんだけど、この翻訳はすごく好みだから、他の本も読んでみようかなあと思っている。
 女同士の話にはどことなく松浦理英子が『裏ヴァージョン』グラディスとトリスティーヌを思い出すな。こっちはリアルアメリカンによる。女同士の話が多かったけれど、大概未来はなく、ふとすれ違ったときに一瞬だけ交わる、という感じ。それに対して老人男性やおいの新しい世界感よ……笑 作者が女性だからかもしれないですね。
 経歴的に、フェミニズムパンクを通ってきた作家なので、その意味で地雷を踏まれることはありません。ご安心を。

「妹」読み返したけど男同士のコレラ時代の愛を読んでいるみたいな気分になったよ!! ほんの短い短編なんだけど!笑
| 現代小説(海外) | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロベルト・ボラーニョ『売女の人殺し』  ★★★★☆
インドから帰還した同性愛者のカメラマンの秘められた記憶、Bと父がアカプルコで過ごした奇妙な夏休み、元サッカー選手が語る、謎のチームメートとの思い出…貴重な自伝的エピソードも含む、「秘密の物語」の数々。心を震わす13の短篇。(Amazon)

 はあああ素晴らしい…………中身も文体もいいですし翻訳もいいですしまさにこれこそ俺が求めていた感。小説は素晴らしいな。ボラーニョなぜ死んでしまったの。松本さんの翻訳書を読めばいいのか……やはり野生の探偵たちを読まねばいけないのか……いやあそうですよねもちろんですとも……。
 普段滅多に本買わないけど雪の中図書館に行くのは嫌だったのとコレクション発売おめでとうの気持ちから買った。『通話』しか読んだことがなくて、というか『野生の探偵たち』はぱっと見て読むのを断念したんだ……笑 『通話』(これも手元に置きたいんだけど昨日は見つからなかった)に収録されていた登場人物の名前がアルファベット・動詞が全て現在形で書かれている(と思われる)短編がすごく好きで、『売女の人殺し』をぱらぱらめくっていたときに同じ形式のものを見つけたのがクリティカルでした。
 おおっ『通話』も改訳が出るのね。そしたらそれを買おうかな。全部松本さんが約してくれればいいのにい、野谷さんもきらいではないが……スペ語文学翻訳だったら一番好きなのは木村榮一のガルシア=マルケスですけど。頑張ってついていくようにする!
 今回のあとがきを読んでようやく彼がチリからメキシコに渡ったうんぬんというバイオグラフィーを認識したので、先日メキシコに遊びに行った身としては安易な親近感がわいている。グアナファトもアカプルコも行ってないけど首都は観たからね! 「彼のスペイン語も急激にメキシコ化」というのも面白いな。メキシコのスペイン語は個人的にはアルゼンチンやスペインよりも聞きやすい印象を受けたけれども、わたしが年をとって耳が悪くなったというだけかもしれないけども、きっと発音も文法も違うんだろう。
 南米作家大して読んでないながらも、みんな簡単に中南米移動するしヨーロッパにもさっさか移住しちゃうし、世界狭い感じがする。母語が母国以外で通じる感覚というのは羨ましいな。歯医者」で友人が同性愛あるいは同性小児性愛を「メキシコ的なおぞましいこと」呼ばわりしてるというのは、やはり中南米のなかでもメキシコはゲイフレンドリーというかあまり特別視されてないんだろうか?
| 現代小説(海外) | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユーディット・ヘルマン『幽霊コレクター』  ★★★☆
ユーディット ヘルマン
河出書房新社
¥ 1,890
(2008-12-17)

「人生」という旅を、少しずつ受け入れるようになったあなたへ。親友が恋した男との、密会。老いた両親と旅して変化する、娘の感情。恋人以上だけど夫婦未満、微妙なカップルが旅の途中で出遭った「幽霊コレクター」…。ドイツで30万部を超えるベストセラーとなった青春の終りを予感する旅をめぐる、傑作短篇集。(Amazon)

 いつのまにか全部読み終わってた。読んだ先から忘れていくので感想書き留めておかなかったのを後悔しているが、「ルート(女ともだち)」がこの本の中では一番好きだった&萌えた。文章を楽しむために読んでて、正直内容はあまり覚えてない(笑)
 ドイツ人名に慣れていないため三人称はちと読みにくかった。一人称はとても好き。というか「ルート(女ともだち)」が好き! それ以外だと、この本よりも一作目の短篇集である『夏の家、その後』の表題作や「ソニヤ」が印象に残っている。内容的な意味で。
 ヨーロッパ人が地続きであるヨーロッパを旅する、ということについて、日本で生まれ育った私にはどうしても想像が及ばない。ドイツ→アメリカならまだしも。日本から他アジア諸国を訪れるのとでは、海で隔たれているという点以外にも、色々と異なるところがあるね。
| 現代小説(海外) | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
アゴタ・クリストフ『第三の嘘』  ★★★★☆
ベルリンの壁の崩壊後、初めて二人は再会した…。絶賛をあびた前二作の感動さめやらぬなか、時は流れ、三たび爆弾が仕掛けられた。日本翻訳大賞新人賞に輝く『悪童日記』三部作、ついに完結。(Amazon)

 これは……ストーリーを一本の筋にまとめたがる症候群を患ってる人(私)には難しいですね! 最後の設定を全体にあてはめて解釈するのはできるけど、作者は別にそういうことをしてもらいたいわけではないようだし。でもスッキリしたい!笑
 はー三冊通して翻弄されっぱなしだったよ。とても面白かった。とても萌えた。結局どうなの! って言いたくなるのは私の悪い癖だ(笑)巻末に引かれていた佐藤亜紀の亡命についての文章がまたよかった。日本人にはなかなか理解しえないことだと思う。亡命なんて。
 またラストの締め方が素晴らしい。悪童日記のときも思ったけど、さらっと爆弾落としてくよね。列車。いい考えだな。――それで終わり! いやあ良いねえ、痺れるねえ。 個人的には一冊目が一番萌えかな。あの双子の造形がツボすぎた。私は自分で思っていた以上に少年が好きなようだな。
 作者は自分の体験を語るために三冊を書いたっぽいから、物語の一貫性なんて求める方が無粋なのだろうし、それぞれの設定を別物として捉えて萌えるのは効率がいい。何通りの妄想も楽しめます、って感じ。
| 現代小説(海外) | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
アゴタ・クリストフ『ふたりの証拠』  ★★★★☆
戦争は終わった。過酷な時代を生き延びた双子の兄弟の一人は国境を越えて向こうの国へ。一人はおばあちゃんの家がある故国に留まり、別れた兄弟のために手記を書き続ける。厳しい新体制が支配する国で、彼がなにを求め、どう生きたかを伝えるために―強烈な印象を残した『悪童日記』の待望の続篇。主人公と彼を取り巻く多彩な人物の物語を通して、愛と絶望の深さをどこまでも透明に描いて全世界の共感を呼んだ話題作。(Amazon)

 クラウス!! クラウス早く!! と終始思っていたらラストであれだよ! ちょっと! 早く双子幸せになって!!!
 前巻のネタバレ含む。『悪童日記』では「ぼくら」だった主語が残った方のリュカ(Lucas)に変わってるんだけど、その名前の選択に、クリストフ全力で我々を萌え殺しにかかっているぞ……! とガタガタしました。リュカって。リュカってあなた。
 そしてペテール。ペテール……リュカとペテールがあまりにも萩尾望都や竹宮惠子の世界。JUNE。股間に手を、ってところで目かっ開いたわ。世界的名作にそんな読み方するなよ……と言われそうだけどこれは仕方がない。だってJUNEだもの。ちょっと前作よりオタク的見方が濃厚になってしまってまともな感想書けないね……作品全体に漂う雰囲気も明らかにJUNEっぽくなってるしね……。さて『第三の嘘』へ行くとしますか。
| 現代小説(海外) | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ポール・オースター『ガラスの街』  ★★★
ポール・オースター
新潮社
¥ 1,785
(2009-10-31)

ニューヨーク、深夜。孤独な作家のもとにかかってきた一本の間違い電話がすべての発端だった。作家クィンは探偵と誤解され、仕事を依頼された。クィンは、ほんの好奇心から、探偵になりすますことにした。依頼人に尾行するようにいわれた男を、密かにつける。しかし、事件はなにも起こらないのだが…。アメリカ新世代作家として最も注目される著者の衝撃的デビュー作。(Amazon)

 柴田訳。以前読んだのは他の人の訳書だったので、柴田先生版を読み直し。これは『幽霊たち』と打って変わって素敵な文字組だと思うんだけれど。表紙はモダンすぎる感じだが素敵である。つーか何で幽霊たち単行本はあそこまで行間を開けたのだ。解せない。
『シティ・オブ・グラス』版を読んだのは結構前だけど、やっぱり柴田訳の方がすらすら読みやすい気がする。ただガラスの街という邦題と、シティ・オブ・グラスだったら、後者の方がより容易く崩れそうな原題の印象を保持しているような(まあ原題ままだからな)。……あれ、もしかしてCity of Glassには単行本版・文庫版・柴田版と三パターンあるのか。それぞれ『シティ・オブ・グラス』『シティ・オヴ・グラス』『ガラスの街』と微妙に邦題変えてるけど。へえ。柴田先生が主要訳者になったのは私にとって僥倖であったな。
 幽霊たち同様、書くという行為そのものに強いこだわりがある。書くことによって存在している人間の話というか。今回引かれているのはドン・キホーテ。残念ながら私は読んだことがないので何も言えないが、読んでからだと「ウェイクフィールド」のときみたいに見方が変わるんだろう。
 しかし三部作の中でも最萌えだった『鍵のかかった部屋』が一向に来ません。「シリ(Siri)」というオースターの妻の名前、ノルウェー系だそうで。私が散々騒いでいるあのSiriがそこから来ているなら、そりゃ女性声だろうな。
| 現代小説(海外) | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
ポール・オースター
新潮社
¥ 420
(1995-03)

私立探偵ブルーは奇妙な依頼を受けた。変装した男ホワイトから、ブラックを見張るように、と。真向いの部屋から、ブルーは見張り続ける。だが、ブラックの日常に何も変化もない。彼は、ただ毎日何かを書き、読んでいるだけなのだ。ブルーは空想の世界に彷徨う。ブラックの正体やホワイトの目的を推理して。次第に、不安と焦燥と疑惑に駆られるブルー…。’80年代アメリカ文学の代表的作品。(Amazon)

 二度目。なるほど、ホーソーン「ウェイクフィールド」を読んでからだと印象が変わるな。ウェイクフィールドありきの本書だ。こっちは寓話じゃないけど、大分下敷きになってる。今回は単行本だったのだが、文字組は文庫本の方が良いので読むならぜひ文庫で。
| 現代小説(海外) | 20:12 | comments(2) | trackbacks(0) |