Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< はな『Oops! ゆっくり英語を好きになる』  ★ | TOP | あさのあつこ『NO.6 #1』  ★★★ >>
五十嵐貴久『安政五年の大脱走』  ★★★
安政五年の大脱走
安政五年の大脱走
五十嵐 貴久
「皆の言う通りよ」
 腕を解いた鮫嶋が履き捨てるようにそう言った。
「済まぬ」
 頭を垂れた敬吾の口からつぶやきが漏れた。野呂老人が話を引き取った。
「済まぬでは済まされませぬぞ」声を張り上げる。「さあ桜庭様、この始末どうやっておつけなされるおつもりか」

 『リカ』以来だなあ、彼の本読むの。『リカ』はデビュー作で、めちゃめちゃ怖かった覚えがあります。今思い出しても怖い。私の恐怖のツボをぐいぐい刺激してくれた。あー忘れたい(笑)
 井伊直弼のはかりごとにより、51人の津和野藩士と姫・美雪が脱出不可能な山頂に幽閉された。直弼の要求は美雪の「心」。男たちは誇りをかけて立ち上がる。命に換えても守らねばならないもの、それは――。(Amazon)一章 井伊直弼の恋、二章 桜庭敬吾の岳、三章 堀江竹人の土、四章 亀井美雪の空、五章 犬塚外記の忠、その後のこと、で成り立っている。これを写しておけば絶対内容忘れない。
 映画『大脱走』を思い出すなあ、と言いたいところだけど私は見たことがないのでした。なので『ロミオとロミオは永遠に』を思い出した。人が逃げる時に考える方法は大抵同じなのかもしれないね。どうにかして逃げるしかないんだから。
 日本史を室町時代までしかろくに勉強していない私は、井伊直弼と桜田門外の変を結びつけはしたものの、殺した方か殺された方か知りませんでした。……知らなくても、生きてはいけるみたい。教養が薄い上に記憶力が悪いので時代物はあまり得意ではないし、どこまでが実在の人物だかさっぱりわからないけれど、キャラクターを掴むには充分な情報があって楽しめた。大分砕けた口調だったしね。こういうの沢山読めば、歴史が得意になるのかな。
 姫を想い一致団結する彼らがかっこいい。厳しいヒエラルキーの世界、上の者に命を賭けて忠義を尽くす、そんな生き方が出来るんだねえ。私には出来ない……だからこそ感動して泣くのか。
 桜庭と鮫嶋、犬塚と主膳が好きだなあ。桜庭敬吾は是非、堺雅人に演じて頂きたいなあ! 絶えず笑みを絶やさないそのお姿。鮫嶋との対立が、土方さん(体格違うだろうが)を彷彿とさせる。新撰組(ジャンプ辞書の所為で真選組って出るんですけど)番外編やるみたいですね。関係ないよ。
 ラストがまた素敵。
 穴が主膳に露見しても、姫は気球で逃げちゃった! 姫の手習いは怪しかったけど、一人で気球作っちゃうなんてなあ。すげえ。ばてらん→ばるん、てのは無理がありそうだがね。
 アメリカで二人揃って仲よく医院で働いたみたいで、ハッピーエンド万歳! 姫様もお目が高い!
| 歴史・時代小説 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/191799
五十嵐貴久著「安政五年の大脱走」に見る井伊直弼
<影山徹さんの断崖絶壁の絵は、凄い迫力で海にせり出し、脱走は不可能に思える> 安政五年というのは西暦1858年、安政七年と万延元年が同じであるので、二年後に桜田門外にて
| 時代小説を読みながら、そして時々「中谷美紀」 | 2006/05/24 3:05 PM |