Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 金城一紀『SPEED』  ★★★ | TOP | 瀬尾まいこベスト3 >>
伊坂幸太郎『死神の精度』  ★★★★☆
死神の精度
死神の精度
伊坂 幸太郎
 私が好きな伊坂の甘さがところどころに効いてて、皆さん仰られるように盛り上がりには欠けるものの、その淡々とした雰囲気やら、いつもながらの軽妙な会話やら、音楽への愛情やら……総括としては好きだなあ、ってことです。私、伊坂が好き(笑)
 テスト終わってから買うつもりだったのに、負けたよ。一編づつ大切に読ませて頂いた。本を読み、それがおもしろかった場合、初めて読む作家だと「おもしろかったー!」なんだけど、追っかけてる作家だと「読み終わっちゃった……」になるのよね。勿体無い気分だ。
| ミステリ・エンタメ | 01:39 | comments(0) | trackbacks(9) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/241412
『死神の精度』伊坂幸太郎
死神の精度 死神の視点を通して語られる生と死の重さ、もしくは軽さ。 定義があるようで無く、無いようである。 あいかわらずよくわからないが、そこが魅力なのかもしれない。曖昧なところが。 斬魄刀もデスノートも持ってない、死神が主人公の短編6作。 誤りと嘘に大
| 枯れないように水をやろう | 2005/07/12 10:40 PM |
伊坂幸太郎『死神の精度』●
 2005.6.30初版。初出「オール讀物」「別册文藝春秋」2003〜2004年...
| 駄犬堂書店 : Weblog | 2005/07/15 2:21 AM |
『死神の精度』 伊坂幸太郎 (文藝春秋)
死神の精度伊坂 幸太郎 / 文藝春秋(2005/06/28)Amazonランキング:69位Amazonおすすめ度:もっと死神四つ目の話「恋愛で死神」以降、ぐんぐん面白さが増した連作短編集推理作家協会賞受賞の実力!Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 11ヶ月振りの
| 活字中毒日記! | 2005/07/17 9:36 AM |
「死神の精度」伊坂幸太郎
タイトル:死神の精度 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :文藝春秋 読書期間:2005/07/11 - 2005/07/12 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 「俺が仕事をするといつも降るんだ」クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する
| AOCHAN-Blog | 2005/07/22 6:46 PM |
【書評】死神の精度
好きでもないことを必死にやる。仕事とはそういうものだ。 死神で、しかも精度。 伊坂幸太郎にして、タイトルだけ見るとものすごく陳腐でおカタイ感じのするこの違和感。 でも読み進めて見るともう気持ちよくて仕方ない。 電車でも、食事中でも、翌日の寝不足を覚悟し
| M's Square | 2005/07/25 11:22 AM |
総合ランキングベスト10 (7/29現在)
(2005年7月29日現在) 現在のエントリー作家計8名 (伊坂幸太郎[:男:]、恩田陸[:女:]、荻原浩[:男:]、加納朋子[:女:]、横山秀夫[:男:]、瀬尾まいこ[:女:]、東野圭吾[:男:]、光原百合[:女:]・・・エントリー順) 前回(7/3)からかなり変動しました。 上位大激戦
| My Best Books! | 2005/07/30 11:05 AM |
死神の精度 伊坂幸太郎
死神の精度伊坂 幸太郎 文藝春秋 2005-06-28by G-Tools 連作短編集。読みやすいけれど、軽い本ではありません。なにせテーマは「死」で、主人公は「死神」ですから。 今回もキャラクター造詣が面白いです。主役の死神・千葉は黒いマントも着ていないし、鎌も持って
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/08/14 3:41 AM |
「死神の精度」伊坂幸太郎
【死神の在り方】 ・仕事は至って真面目。 ・そこそこ几帳面な性格。 ・常に冷静沈着。 ・晴れた空を見たことがない。 ・味覚はゼロ。 ・睡眠は不必要。 ・容姿は常に変化する。 ・人間の心理は100%理解出来ない。 ・仕事の為に少しは努力もする。
| 雑板屋 | 2006/05/01 6:01 PM |
死神の精度<伊坂幸太郎>−本:2010-31−
死神の精度クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2005/6/28) # ISBN-10: 4163239804 評価:80点 5年も前の小説とは知らなかった。 しかもラジオドラマ化、映画化(金城武主演)、舞台化までされているなんて。 確かに完ぺきに出来上がった、洗練された構成。 死神と
| デコ親父はいつも減量中 | 2010/08/29 6:14 PM |