Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 絲山秋子『逃亡くそたわけ』  ★★☆ | TOP | 山田悠介『Aコース』  ☆ >>
古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』  ★★★
ベルカ、吠えないのか?
ベルカ、吠えないのか?
古川 日出男
 二十世紀は二つの大戦が行われた世紀だった。いわば戦争の世紀だった。しかし、同時に、二十世紀は軍用犬の世紀でもあったのだ。

 オレハ犯ス、とお前は吠えた。
 オレハ孕マセル、と犬神よ、お前は吠えた。
 生キルタメニ!

 イヌよ、イヌよ、お前たちはどこにいる?

 うぉん。
 そのひと言で感想を終わらせても良いのではないか? と思わずにはいられない、直木賞候補にもなった本書。初・古川日出男。これが直木賞ってすげーな。これを歴史小説にカテゴリ分けする私もどうかと。
 本の雑誌の高評価、好きな読書ブログさんの好き作家ということでチャレンジしたんだけどさ。ふー。達成感はあるな。『アラビアの夜の種族』『サウンドトラック』『沈黙』『アビシニアン』は読んでみたいんだが、どうも重いようなので比較的軽いと言われている『gift』でも探してみようか。……今度ね。京極並みにスパンが必要。
 うぉん。私に言えることは何もありません。あらすじ放棄。
 1943年・アリューシャン列島。アッツ島の守備隊が全滅した日本軍は、キスカ島からの全軍撤退を敢行。島には「北」「正勇」「勝」「エクスプロージョン」の4頭の軍用犬だけが残された。そしてそれはイヌによる新しい歴史の始まりだった――。(文芸春秋)
 第二次大戦からソ連崩壊まで、犬とともに歩む歴史。日本人ヤクザの娘の犬としての生き様。目次を見れば一目瞭然だが、二つの物語が交互に語られる(「」付きのが後者)。視点は神で、たまに犬も交じる。読みにくいぞ。
 しかしこの読みにくさ、視点のせいだけじゃない。内容が内容で(現代史を勉強してなかったことを悔やんだ)、300ページ強のくせに重いったら。ぽこぽこ増えていく犬の系譜が欲しい。マジで。途中であっさり諦めた。そうだ、世界地図もつけてくれ。出てきた地名に註をつけてさ。
 あとはものすごいエネルギー。これがあったからこそ読み通せたのだが、疲れたぞ。春樹チルドレンらしいがよくわからない。伊坂や本多のような春樹っぽいチルドレンしかわからない。
 面白かったのか? と尋ねられたらどう答えるべきか。「ベルカ、吠えないのか?」と言ってやればいいのかな。とりあえず吠えとけちくしょー。うぉん。
| 歴史・時代小説 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(6) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/280440
「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
タイトル:ベルカ、吠えないのか? 著者  :古川日出男 出版社 :文藝春秋 読書期間:2005/08/10 - 2005/08/16 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 1943年、日本軍が撤収したキスカ島。無人の島には4頭の軍用犬が残された。捨てられた事実を理
| AOCHAN-Blog | 2005/08/23 1:20 PM |
ベルカ、吠えないのか? 古川日出男
ベルカ、吠えないのか?古川 日出男 文藝春秋 2005-04-22by G-Tools 戦争の世紀であった20世紀を、撤退する日本軍に置き去りにされた、4頭の軍用犬からはじまる、「犬の歴史」として描いてしまった作品。この発想がすでにただものではありません。開き直りとも思える
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/08/30 1:51 AM |
ベルカ、吠えないのか?
ベルカ、吠えないのか?  吉田日出男 文藝春秋 2005年4月 1943年、アリューシャン列島のキスカ島/鳴神島に、日本兵が置き去りにいた4頭の軍用犬。北海道犬の北、ジャーマンシェパードの正男と勝、シェパードのエクスプロージョンの4頭。その子孫たちは
| <花>の本と映画の感想 | 2006/02/05 5:26 PM |
古川日出男【ベルカ、吠えないのか?】
もっと早く読むべきでした、この本。 世間では大評判であることを知りながら、「早く文庫化されないかな〜」とセコいことを考え、ようやく最近になってハードカバーを買うふんぎりがついた【ベルカ、吠えないのか?】。 おもしろいです。 ベルカは犬なの
| ぱんどら日記 | 2006/02/16 1:13 PM |
読書感想「ベルカ、吠えないのか?」
読書感想「ベルカ、吠えないのか?」 ベルカ、吠えないのか? 【評価】★★★★
| 三匹の迷える羊たち | 2006/07/18 10:38 AM |
古川日出男さんの朗読ギグ@高円寺20000V!9/24!(マッティア・コレッティ・ジャパン・ツアー)
朗読でありながら音楽的でもある古川日出男さんの朗読が高円寺のライブハウス、200...
| キアズマ | kiasmablog | 2006/09/19 10:08 PM |