Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 『亡国のイージス』映画 | TOP | 川上健一『四月になれば彼女は』  ★★ >>
重松清『疾走』  ★★★
疾走
疾走
重松 清
「だから……寂しいひとなんだ、あのひとは」
「寂しがってないけど、寂しいの?」
「寂しがってないから、寂しいんだ」

 優しい子どもだったおまえたちが、ようやく「ひとつのふたり」になって、再び「ふたつのひとり」になってしまう――

 き、きっつ……!
 タイトルが疾走だから、すかっと爽やかな物語を想像していた。装丁の絵を見れば、そんな甘いもんじゃないと分かったはずなのに。かなりきつい。人生が転がり落ちる様を描いたものと言えば私が読んだのは奥田英郎『最悪』くらいだが、これよりも遥かにきつい。主人公が14歳の少年で親近感が云々、だけではない。面白かったけど、ひたすら痛く哀しいので注意。こうなるしか他に道はなかったのか?
 舞台は海と接しているまち。埋め立てた部分は「沖」、元からあった部分は「浜」と呼ばれていて、「浜」は「沖」を下に見ている。「浜」に住むシュウジが主人公。シュウイチという頭の良い兄がいる。人に媚びる友達・徹夫、中学に入る前、教会で出会った神父と少女・エリ。鬼ケン、アカネ、みゆき……。犯罪へとひた走る14歳の孤独な魂を描いて読む者を圧倒する現代の黙示録。(無理だったのでAmazon)
 主人公を呼ぶ言葉は「おまえ」。この小説は二人称と言うのかなあ? 誰かがリュウジについて語っているのか、それとも視点は神なのか。それは後々(だからKADOKAWAミステリに連載されてたの? 全然関係ない?)。『ベルカ、吠えないのか?』の犬への問いかけみたいだった。あと北村薫『ターン』も「君」だか何だか使ってて読みにくかった覚えが。
 とにかくものすごい筆力。その分悲惨さが強く伝わってくるから辛いんだ……。孤高・孤独・孤立の違い、よくわかりました。
 みゆきも腐乱死体になっちゃったし、シュウジは警察の銃弾を浴びて死んでしまうし、何だかなあ……アカネの子が無事に生まれ、「望」というものすごい名前(笑)をつけられてすくすくと育っているみたいだから、まだ救われたけど。エリも元気みたいだし。
 語り手は神父だったんだねー。特定の人物として書かれないと思ってた。
| 現代小説(国内) | 23:57 | comments(16) | trackbacks(6) |
はじめまして、こんばんわ◎

ちょうどいま「疾走・上巻」を読んでいるところで
(本当まだ100ページくらいなんですけど。。。)
「疾走」の文中に引っかかるものがあり
いろいろ検索して調べていたらこちらのマリさんのブログに辿り着きました。

そして私が本を読むきっかけとなった北村 薫の「ターン」や
気になる作家さんの名前がズラリと書いてあって
なんだか嬉しくなってしまい書き込みさせていただいてます!!(^_^)


「次は何を読もうか?」と迷ったとき、人の意見を参考にして読むことが多いので
今後マリさんのブログにはお世話になるかもしれません。
そのときはまた書き込みさせていただこうかと思ってます。

ではなんだか訳のわからない書き込みになってしまいましたが
失礼しますm(__)m


因みにいま角田 光代・伊坂 幸太郎・いしいしんじが
気になってます!!
| まっちょ | 2005/09/15 6:45 PM |
連続書き込みごめんなさい!!(>_<)

さっきのコメントを書き込んでから改めてマリさんのブログを見させていただいたんですが、
(そんなに見るなよ!って感じですか。。。?)
ポルノグラフィティさんお好きなんですね?!
私も好きなんですよー◎

しかも私が好きな作家さん、もしくは1度でも読んだことのある
村上 春樹・川上 弘美・北村 薫・湯本 果樹実・江國 香織・よしもとばななや

気になっていて今後読もうとしている
先ほども書いた角田 光代・伊坂 幸太郎の他に
絲山 秋子・村山 由佳などの本を読んでいらっしゃって、
なんだかもう震えました。

もうまた是非こちらのブログにはお邪魔させていただきます(^_^)

| まっちょ | 2005/09/15 7:08 PM |
こんばんは、はじめまして。『疾走』で検索して来ました。
ほかの重松作品に好意的な感想が書かれていましたが、それらに比べてこの作品はどうでしたか。
幅広い読書生活を送られているようですね。自分ではなかなか読めない本も多かったので、これから度々参考にさせていただきます。
それでは、また
| カロンタンのエサやり人 | 2005/09/16 1:22 AM |
いままでの重松作品とのギャップ感を感じつつ、でもその延長線上にのっかってもいるよなあ、とも感じながら、ブログ書いてみました。TBさせてもらいますね。
| TOTTI | 2005/09/20 1:43 PM |
>まっちょさん
はじめまして、こんばんは。コメントありがとうございます! 連投なんてお気になさらず♪
『疾走』、進み具合はいかがでしょうか。辛く苦しい道のりだとは思いますが(笑)
『ターン』がきっかけで読書を! あれは繋がったときにぞくっとしました。『スキップ』には泣かされ、でも『リセット』はあまり気に入らなかったんです。とある台詞が原因なのですが、感想書きそびれてしまって。
私も人のブログや感想をかなり参考にしています。読書の趣味が合うと嬉しいですよねー。私、中でも伊坂幸太郎は大好きで……! 毎回新刊が出るたび悶えています(笑)

ポルノ……! いいですよね! プレミアムライブ行かれたみたいで……羨ましい限りです。
ここでポルノ好きさんと遭遇するとは思いませんでした!

最近は本格ミステリを読んでいるので(と思ったらそうでもありませんでした)まっちょさんの好みとは少しずれているかもしれませんが、またぜひお越しくださいな!

>カロンタンのエサやり人さん
はじめまして、こんばんは。コメントありがとうございます!
そうですね、私が読んだ重松作品はまだ少ないのですが、これはとりわけきつかったです(笑)
安易に人に薦めることはできないかなあ、と思います。孤独でも孤立でもなく、これは確かに「孤高」ですね。
保守的なのでどうしても新しい作家に手を出せなかったりするのですが、ネットで感想を見かけたり賞を取って話題になっていたので読むことはあります。その作品が自分の好みだと、ものすごい嬉しかったり。
主観ばかりの感想ですが、ご参考になれば幸いです!
それでは、またぜひ。

>TOTTIさん
はじめまして、TBとコメントありがとうございます!
『きよしこ』や『ナイフ』だと、切ないながらも暖かなものがあったのですが、『疾走』だとそれを感じていいはずのラストで素直にほんわかできませんでした。
TOTTIさんの記事を読んで、「ついに当事者か」という言葉に納得(笑)
当事者はつらすぎました。面白かったという言葉は我ながら使い間違いかも。
| マリ | 2005/09/21 10:57 PM |
マリさんこんばんわ!

返答が嬉しくてまたまた書き込みにきちゃいました。。。
「疾走」はマリさんも書かれていたように「キツイなぁ…」なんて思いながらも
「これからどうなるだろう?!」と、私にとっては稀にみるハイペースで
いまは下巻の中盤あたりを読んでいます。

まだ最後まで読んでいないのではっきりした感想は言えませんが、
「こうなる運命だったんだ」と割り切ってしまうシュウジには本当切なく悲しくなりました。



私のブログも見て下さったみたいでありがとうございます!
ポルノ色・本色がかなり薄いブログですが、
もしよろしかったらおヒマなときにまた覗いてやって下さい(^_^)
というかマリさんのブログ、リンク貼ってもいいですか??
今後本を読む際にこちらのブログを参考にさせていただくことがあると思うので!
| まっちょ | 2005/09/22 12:12 AM |
こんばんは! コメントありがとうございます!
ブログと日記拝見しましたよー。疾走、読み終わられたみたいですね。本当に、これが初めての重松作品だったら打ちのめされてしまうところでした(笑)
もう少し救われてくれればよかったのですが……。
『スプートニクの恋人』、私も好きでした。村上春樹は文体や雰囲気が好きで、ストーリーはいまいちだと思うこともあるのですが(何様だ)これは全体的に好きです。

リンク貼っていただけるとは嬉しいです!
これからも色んな本を読んでいくつもりなので、よろしければ来てやってくださいね。
私もまた見させて頂きます! 美味しそうな記事が多くてお腹が減りそうです(笑)
| マリ | 2005/09/27 11:09 PM |
こんばんわ!

早速リンク貼らせていただいたので報告にきました◎
許可して下さりありがとうございます(^O^)
これで何読もうか迷ったとき、すっ飛んでこれます(笑)


ブログも(しかも日記まで!嬉しい!)また見ていただいたようで!
文章力ないのでね…マリさんみたいに上手く感想書けないんですけど。
(言いたいこと・読んでみて思ったことはたくさんあるのに上手く文章にできなくて)
それでも本を読んだあとには私も感想など書いたりしているので
もしよかったらマリさんもまた覗いてみて下さいね!
ブログに関しては本当「食」ばかりでお恥ずかしいですが。。。(笑)

ではまた遊びにきます♪
| まっちょ | 2005/09/27 11:43 PM |
こんばんは!
リンクの報告わざわざありがとうございます〜。
本の感想を書くのはとても難しいですよね。
私は登場人物に感情移入しすぎたり、とにかく主観的にものを見てしまうので、このブログはまさに本日記です(笑)書評とは程遠い……。
読書傾向が似通っているので、私も参考にさせて頂きます。

私も毎日の楽しみが食だったりします……(笑)秋だし!
ではでは、失礼します。
| マリ | 2005/09/30 10:33 PM |
こんばんは。ご無沙汰しました。TBありがとうございました。
ほんま、なんだかなあ、な小説でしたね。
読後すぐの虚脱感はすさまじかったです。
えーん、ひどいよーって泣いちゃいましたよ(笑)
その翌日同じ重松氏の「流星ワゴン」読んだんですが、
これにまだ支配されてしまい印象がかすむかすむ。
あれもいい話なんですけどね。なんだかなあ。


| ざれこ | 2005/11/08 10:32 PM |
こんばんは。映画化するとのことでかなり気になっていたので、すぐにTBしてしまいました。
ジャニーズなんですか……意外。トヨエツはピッタリ!
どんな映画に仕上がるか、色んな意味で楽しみです(笑)
『流星ワゴン』も気になってるので、ざれこさんの感想待ってます。
重松清の本はどれもとらわれてしまいますね……それがいいのかな……。
| マリ | 2005/11/09 11:23 PM |
はじめまして。
こんにちは。
私も今上巻を読み終わりました。
自殺を図ろうとした描写を、
電車の中で読んだのですが、
本を読んでいて本当に息苦しく、息がしにくくなったのはこの作品が初めてです。
しかし、とまらない。。。
おもしろいと言えばいいのか?
とりあえず下巻を読みます。
| ゆきりんご | 2005/11/19 3:20 PM |
はじめまして、こんにちは。
コメントありがとうございます!
自殺の場面……フラッシュバックしてきました!
もがいてももがいても、這い上がれない感じがしますよね。
こんなに苦しいばっかりで、面白いという言葉が当てはまるのかは私も疑問なんですが、のめりこませる力があるので一息で読んでしまいたい作品でした。
下巻、頑張ってください。頑張るというのが丁度良さそうな気がします(笑)
| マリ | 2005/11/19 7:10 PM |
はじめまして私は、重松作品が大好きです。重松作品を見てると心が癒されます。でも疾走は何だか自然と涙が出てきます。私も心から人を愛そうと思える作品でした。
| 恵 | 2005/12/25 3:20 PM |
はじめまして、コメントありがとうございます!
重松作品は癒しでもあるけれど、痛いところをつかれるものでもあります。疾走ではひたすら痛かったです(笑)
心から人を愛す……本当にそうですね。みゆきを見てるとそう思います。
| マリ | 2005/12/28 11:33 PM |
突然失礼いたします。
東京都板橋区に本拠地を置く劇団銅鑼・制作部の田辺と申します。
この度、直木賞作家・重松清の「流星ワゴン」を舞台化し、上演いたします。
この作品は、昨年東京で上演、口コミで評判が広がり、SOULD OUTになった公演です。
今回は、2月3日〜2月5日 相鉄本多劇場(横浜駅より徒歩3分)
    2月9日      兵庫県立芸術文化センター中ホール(阪急西宮北口駅前)
で上演いたします。
公演の詳細については、劇団銅鑼HP
http://www.gekidandora.com
をご覧下さい。
是非多くの方にご覧頂きたく、ご案内をさせていただけないかとご連絡させていただきました。

チケットのお申し込みは、劇団銅鑼のほか、ぴあ・ローソン・e-プラス・描く上演劇場でも扱っています。
よろしくお願いいたします。

劇団銅鑼 制作 田辺素子
〒174−0064 東京都板橋区中台1−1−4
TEL:03−3937−1101
FAX:03−3937−1103
http://www.gekidandora.com
gekidandora@pop12.odn.ne.jp


| 劇団銅鑼 | 2006/01/30 10:23 PM |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/307088
疾走
疾走 上         疾走 下 重松 清 【オススメ度】 ★★★★★ 【出版社 / 著者からの内容紹介】 引きこもり、家庭内暴力、放火、借金、一家離散……。14歳の少年・シュウジが背負った余りに苛烈な運命。今秋、映画公開が決定した、直木賞作家、畢生の
| The Perfect Drug | 2005/09/18 3:30 PM |
書籍『疾走』
『疾走』  ★★★★ 著者 重松 清 (角川書店) 引きこもり、家庭内暴力、放火、借金、一家離散……。14歳の少年・シュウジが背負った余りに苛烈な運命。今秋、映画公開が決定した、直木賞作家、畢生の衝撃作、待望の文庫化! Review すでに読み終わ
| きょうは思いつくままに気になったことを書いてみよう。 | 2005/09/20 1:40 PM |
「疾走」重松清
まず気になるのは映画化だ。この作品の主演にジャニーズを据えるなんて、 SABU監督、いくらV6の映画撮ったからってそりゃないんじゃ?と思ってたら 主演の手越くんはSABU監督たっての要望で抜擢されたらしい。 イメージにあってたんかなあ。この主役の少年を演じ
| 本を読む女。改訂版 | 2005/11/08 10:25 PM |
「疾走」重松清
タイトル:疾走 著者  :重松清 出版社 :角川文庫 読書期間:2005/12/12 - 2005/12/19 お勧め度:★★★ 上巻 → [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 下巻 → [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 引きこもり、家庭内暴力、放火、借金、一家離散……。14歳の少
| AOCHAN-Blog | 2006/01/11 10:16 PM |
(書評)疾走
著者:重松清 疾走 上価格:¥ 660(税込)発売日:2005-05-25疾走
| たこの感想文 | 2006/12/28 6:42 PM |
疾走
疾走 上 (角川文庫) 重松 清Amazonランキング:30602位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 疾走 下 (角川文庫) 重松 清Amazonランキング:32089位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by
| のほほんの本 | 2009/03/08 9:56 PM |