Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 三浦しをん『ロマンス小説の七日間』  ★☆ | TOP | 麻耶雄嵩『木製の王子』  ★★☆ >>
瀬尾まいこ『天国はまだ遠く』  ★★
天国はまだ遠く
天国はまだ遠く
瀬尾 まいこ
 牧師さんの口ぶりから、愛や平和を語ろうとしているのはわかった。私の周りでは、たくさんの人がいろんな方法でラブアンドピースを伝えようとしているんだなあと少しありがたく思った。

「ここはほんまええ所や。ここにはたくさんすてきなものがあるし、生きていくために必要なものはふんだんに最高の形で目の前にある。そやけど、あんたにはそれだけではあかんやろ?」

 瀬尾まいこ全部読んだ! 祝! これで心置きなく新刊を待ち望む立場ですよ(どんなんだ)。
 仕事や人間関係に疲れた千鶴は自殺を決意。誰も知らないところへ行こう、と辿り着いたのは日本海に面した山奥の民宿。そこの主・田村さん、そして自然との出会い……。
 気の抜けた表紙の絵が素敵だ。ソフトカバーだと思ってたらしっかりハードでした。169ページで千三百円か……ううむ。そういうの考えると本ってなかなか買えない。
 年とったら田舎で暮らしたいなあ。すごく憧れる。佐野洋子『神も仏もありませぬ』を読んでも思った。それまで元気に生きて、隠居しても元気でいたい。
 幸福な食卓でぼろっぼろに泣かされたこともあり、期待しすぎて読んでしまったからだと思うんだけど、わりとあっさり終わってしまった。昨日もこんなこと書いたな。まあ、読む前から何となくこんな話だろうなってのはあったけど。その通りすぎたのかな。このあっさりさを受け止めればいいのか。少し良い気分、みたいな。最近は麻耶のせいで、薄い本ばっかり借りてしまうのだよ。
 人間が満たされていると感じるに至る事って随分大変なんですね。それだけじゃだめ、といくらでも渇望してしまうのが人間なのか。
| 現代小説(国内) | 22:46 | comments(2) | trackbacks(1) |
マリさん、こんにちは ^^
マリさんはこの本で瀬尾さんの作品はコンプリートなのですね。
わたしはあとは「優しい音楽」だけです。
大事に大事に読もうと思っていたはずなのですが、
瀬尾さんの作品は文章が読みやすいせいもあってか、
あっという間に読んでしまいます。

関係ないですが、本の値段。
もう少し全体に安くなってくれるといいですよね。
ハードカバーは高いです・・・

TBさせていただきました。
| tamayuraxx | 2006/01/11 10:10 PM |
こんにちは! TBとコメントありがとうございます!
瀬尾さんは『図書館の神様』を読んで以来はまり、本書でようやくコンプリートいたしました。
そうですよね、暖かくて読みやすい文章で。
どの本を読んでもいいなあ〜とほんわかしてしまいます。
読みたいけど読みたくない、というジレンマよくわかります笑

『優しい音楽』は短編三つなのに結構なお値段して、買えないなあ……と思った覚えがあります。
私は図書館にお世話になりっぱなしなのですが、どうせ持つならハードカバー! と決めているせいか、本当にたまにしか買えていません。笑
文庫落ちするまでに、割と時間かかりますしね……。
| マリ | 2006/01/12 9:22 PM |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/352041
[本]瀬尾まいこ「天国はまだ遠く」
天国はまだ遠く 瀬尾 まいこ / 新潮社会社での仕事や人間関係に行き詰まって、人里離れた北の村に やってきた千鶴は、とある民宿の一室で睡眠薬による 自殺を試みて失敗する。 そのまま民宿に居続けるうち、民宿の主人や村の人々との 交流によって千鶴は少しずつ
| Four Seasons | 2006/01/11 10:04 PM |