Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 瀬尾まいこ『天国はまだ遠く』  ★★ | TOP | 『ZOO』映画 >>
麻耶雄嵩『木製の王子』  ★★☆
木製の王子
木製の王子
麻耶 雄嵩
 魔は人ではないが人と交わることが出来る。魔は血として受け継がれていく。魔と交わった者は光の家系すなわち聖家族から外れていく。

 うわーんばかー! 麻耶の本を読むたびに嘆いている自分がいる。ああ、誰か助けて……。既刊のメルカトルシリーズは残すところあと一冊、木更津の短編集です(メル出てくるのか?)。まほろ市は読まなくてもいいんじゃないかしら(だめです)。単行本未収録の短編は……。
 比叡山の山奥に隠棲する白樫家は、一点に収斂する家系図を持つ"閉じられた一族"。その奇矯な屋敷が雪で封印された夜、再び烏有は惨劇を見た。世界的な芸術家・宗尚の義理の娘、晃佳の首がピアノの鍵盤の上に置かれていたのだ。関係者全員に当てはまる精緻なアリバイ。冷酷で壮絶な論理だけが真相を照らす。(Amazon)
 “冷酷で壮絶な論理”ねえ。ほんとその通りだわよ。読者泣かせのね。辻村じゃないがカルトだからって諦めるしかないのかな。あんな動機、諦めるしかないか……。
 本書での探偵役はメルじゃなくて木更津で香月くん視点もある。この二人のコンビは久々だなあ。烏有は相変わらず。こいつこんなんでいいのかな。いつ見ても心配になってしまう。桐璃とは行きつくとこまで行っちゃったんだからふっきってしまえよ! おめでとう!
 ネットで検索したら徹底解剖して下さっている方がいて、ありがたやーとばかりに読んだ。麻耶先生が含ませているものが深すぎてついていけないが。タイトルには、登場人物の本名には、ああもうついていけない(笑)
 那智家と白樫家のメンバーは名前が皆似てるのに、晃佳と宗尚くらいしか見分けがつかないのでかなり困った。家計図参照してもはあんなだから入り組んでてわからない。晃佳殺しが可能だった人物は誰か、ピブルの会が推理合戦を繰り広げるのだけれど、分刻みの行動・変な屋敷の構造のせいで読んでるだけではわからない。理解を諦めて読み流しの暴挙に出ました。わからないことだらけです。複雑なんだもん。読む人は頑張って。私の頭の悪さを差し引いても頑張って。
 宗教絡みの動機は腑に落ちないよ。もう全てがカルト! 家計図をひっくり返して聖家族を作るだあ? そこに辿り着いた木更津を褒め称えてあげたい。しかも宗晃は両性具有。完璧だね……。
 あんなに一生懸命アリバイ崩しに励んだのに、晃佳はわざわざ殺されに行ったわけだし。吉村正解か。
 二つの家族の本名はタイガースの選手らしいですよ! しかも宗尚はキャッチャーで、他は全員ピッチャーだとか。すげえな。どこまで凝ってるんだ。知らないよ、野球選手の名前なんて。
 まあネット上に素晴らしい解説をなさっているページがあるので、苛々したら是非検索をば。
 木更津が「人が場所的に上にいたがるのは、実力がないのに支配者気分を味わいたいからだ」みたいな事を言ってた気がするんだけど、見つからなかった。あの部分好きなのにー。
| ミステリ・エンタメ | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/353745