Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< J. K. Rowling『Harry Potter and the Philosopher's Stone』  ★★★ | TOP | 北森鴻『狐罠』  ★★★ >>
米澤穂信『犬はどこだ』  ★★★
犬はどこだ
犬はどこだ
米澤 穂信
「こいつは貸しとくぜ、ボス!」

 退職してからおそらく初めて、私はそうしたいのだという意志に基づいて行動している。(中略)単に社会的モラルに基づいてのことだろう。私は波風のない人生を送ってきた人間であり、どこまでも社会的動物だ。

 母国語でする読書の何とすばらしいことか……貪欲に読み進めてしまった。楽だなー。米澤穂信はライトノベル作家っていう印象が世間では強いのかしら。ジュブナイルミステリって言うの? 青春を前面に押し出してる感じ。そんな古典部シリーズに対し、本作は打って変わってハードボイルド。
 主人公の紺屋は25歳でまだまだ若いけど、あと十年経てばいいオヤジになるんじゃなかろうか。ハンペーの中途半端な器用貧乏さが好きです。紺屋とハンペーのコンビは面白いからシリーズ化の噂を聞くと嬉しい。<GEN>が実際事件に絡んでくるかと思えば違うし、でもこのままで終わるキャラでもないだろう。紺屋の妹にもあんな裏があったことですし……表紙にも「1」って書いてあるもんね!
 何か自営業を始めようと決めたとき、最初に思い浮かべたのはお好み焼き屋だった。しかしお好み焼き屋は支障があって叶わなかった。そこで調査事務所を開いた。この事務所<紺屋S&R>が想定している業務内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。それなのに、開業した途端舞い込んだ依頼は失踪人捜しと古文書の解読。しかも調査の過程で、この二つはなぜか微妙にクロスして――いったいこの事件の全体像は?(表紙の折り返し)
 紺屋もハンペーも探偵としては素人だし、会話の応酬楽しいし、難しい用語は少ないしと文章そのものはとても読みやすかった。二人の捜査が重なってきているのが読者にはわかるのに、やる気のなさゆえ? か、二人は全てを終えるまで報告しあったりしないんだもん、やきもきします。まあそれが面白いんだが。
 ラストは賛否両論ありそうねー。ここまで盛り上げておいて、それでいいのか、と。後味は決してよくはない。しかし極めて私好み。「犬はどこだ」、というタイトルは読み終えて意味を捉えなおしました。
 米澤さんが石持浅海とイメージかぶるのは何でだろう……青春とロジカルな本格なのに。あ、創元ミステリ・フロンティアのせいか、そうか。
 桐子がストーカーに怯えて逃げ隠れしているのではなく、ストーカー殺害のために全てを仕掛けていたとは。びっくりです。ハンペーの報告書を読んでそれを推理し、阻止しに走る紺屋。しかし時は既に遅し、山に転がっていたのは血まみれの帽子……。桐子に殺人を知っているということを知られないように、紺屋は願うのでした。
 結構ブラックな結末だよね! 普通なら殺人の直前で探偵登場、阻止って流れになるところを。事件が明るみ出るのを怯えているのは、桐子じゃなくて紺屋。いやーいいわ(笑)
 この過去を背負いながらケース2が出るのかな。ハンペーにはどうやって説明するつもりだろうか。
| ミステリ・エンタメ | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。