Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 田口仙年堂『コッペとBB団 その1』  ★☆ | TOP | 東川篤哉『交換殺人には向かない夜』  ★★☆ >>
伊坂幸太郎『砂漠』  ★★★★☆
砂漠
砂漠
伊坂 幸太郎
「砂漠で雪を降らせてみなよ」と唆されて、立ち上がらない西嶋はすでに西嶋ではない、と知り合って間もない僕ですら思ったのだから、西嶋歴十八年以上の西嶋ならなおさらそう感じたはずで、だからなのか、すっくと立ち上がった。

 わー伊坂大好き! 筆舌に尽くしがたくいい本でしたー。評価が満点ではないのは、彼ならもっとやってくれると信じているからです。
 春:大学生になった鳥瞰型の北村は、飲み会でやませみみたいな髪の毛をした鳥井に出会う。鳥井の中学時代の同級生だった南、モデルのような容貌の東堂、遅刻してきたくせにマイクでいきなり演説をはじめてしまった西嶋。五人は麻雀を介して仲良くなる。
 夏:西嶋の入れ込んでいるプレジデントマンの住む家の情報が、ある人から鳥井の耳に入った。楽しそうだから張り込んでみようという鳥井に、面白そうだと思ってしまった北村たちも付き合うことに。
 秋:学祭で、超能力者VS学者、というイベントをやるらしい。学者は超能力を完全に否定し、超能力者は幼い頃の成功にすがっている。北村と西嶋は一泡ふかせてやろうとするが……。
 冬:いつかのホストたちの溜まり場を発見した五人は、またも張り込むことにする。一方西嶋は、今更になりあの人への思いを自覚、どうにかしようと奮闘。
 春:「人間にとって最大の贅沢とは、人間関係における贅沢のことである」
 一見ミステリじゃなくて、ずーっと普通の大学生の青春小説として読んでいましたが、まあ読んでびっくり。でも青春小説としてだけでも、素晴らしいと思う。伊坂の洒落た会話が鼻につく人がいるんだろうなーってちょっぴり想像できるけど、私はそんな会話が大好きでたまらない。絶妙な比喩、飛びぬけた変人、音楽への愛、環境問題、社会の憂い……。何を書けばいいのかわからなくなります。
 私はこれ読んで結局泣いたんだけど(どこで? と思われる方がいるだろうな)、伊坂さんは物語の内容で泣かせるっていうんじゃなくて、ふとした台詞や一文で泣かせる作家じゃないかな。その文章自体は変哲もないものなんだけど、挿入されてる場面が適切というか。勿論、他の作家だってそうなんだけど……それまでの過程があるから生きる文章、ある人物が洩らした意外な一言、そういうものが……。その一文前までは自分が泣くなんて思ってないの。突然に泣いちゃうの(笑)
 今回は特に大学生の話だったから。私も去年入学した一回生で、共通する場面が多くて。こういうことあるなとか、羨ましいとか、羨ましいとか。これから私がどんな大学生活を送っていくのか分からないけれど、彼らのようにはなれるわけないと思うと悔しいな。伊坂さんの書く人は常にちょっと普通じゃないよ(笑)あ、麻雀やってみたいなあ。マルドゥックにおいてのブラックジャックのように、確率論を駆使するゲームなんですかね。
 音楽、とりわけロックに全く精通していないので、恐らく精通している人よりも私は損しているんだろうけどそれでも十分。引用されてる本も読んだことないものばかりで、残念だけど新たに読書欲を掻きたてられるのでいいです。世界の現代情勢も気になってきたし。
 しつこいくらいに挿入されていたあの一文が、あんな風になって帰ってくるとは思ってもみなかった。小説でしかできないことを、これからもどんどんやっていってほしい。心から応援してる。
 西嶋=カンニング竹山のイメージで読んでたんだけど、他の人の感想やらを見るとサンボマスターのボーカルらしいですね。ライブの時の喋り方がそっくりだとか。へえええ! それでもカンニングのイメージは払拭できないぞ。何てもったいない(あの人が)。
 そんなことは、まるでない。ないわよねー。
 大学生活を季節ごとに追っている……これは一年生のお話、と著者の罠にすっぽりはまりつつ最後にびっくり。一年の春、二年の夏、三年の秋、四年の冬。そうだったのか! 時間的に違和感を感じていた部分がすっきり爽快。東堂が西嶋に告白するのに「時間がかかったね」とか、「よくそんな長い間好きな気持ちを維持できたね」とか。プレジデントマンが大統領に怒りを持ち続けていられたことにびっくり、とかね。
 南は四年ぶりに車を飛ばして、めでたしめでたし。
 僕はそんな鳥井の、「強がる、強さ」のようなものに感心してもいる。

 鳥井は、照れる南を愉快そうに眺め、最後に、それにしても、長谷川選手って来年はもう現役を引退するんじゃないのかな、とプロ野球選手の心配まで口にしたのだから、やはり偉い。

 それにしても鳥井かっこいー。南、男を見る目あるなあ。『グラスホッパー』の蝉に被るところがあるけど。
| ミステリ・エンタメ | 21:53 | comments(6) | trackbacks(12) |
TBありがとうございます!伊坂氏の乾いていて、それでいて暖かい文体、私も好きです。文章に魅力のある作家って、読む快感が味わえますよね。これからもよろしくお願いします。ところで、私以外にも、サンボマスター!って言ってる人がいるんですか?(笑)
| ERI | 2006/01/15 7:57 PM |
こちらこそありがとうございます! そしてよろしくお願いします!
伊坂さんの文章は本当に読んでいて気持ちいいですよね。
ネットで感想をさがしていたら、サンボマスターの山口さんに「〜じゃないですか」「〜なわけですよ」という口調がそっくりだ、という意見がありました。竹山説もちらほらあるんですが、圧倒的にサンボマスター! みたいです(笑)
| マリ | 2006/01/15 10:16 PM |
うわあ。ものすごく同感です。
鳥井がかっこよくてかっこよくて、しびれました。
| ゆうき | 2006/01/22 11:08 AM |
鳥井、いいですよね!!
こんな男に巡り会ってみたいものです……(遠い目)
| マリ | 2006/01/22 5:56 PM |
マリさん、こんばんは♪
大変ご無沙汰しております。
多忙でかなり不義理をしておりましたが、ようやく落ち着きました。
マイベス等、近日中に復活させていただきますのでよろしくお願いしますネ。

それにしても良い作品でしたね。
うんうん、筆舌に尽くしがたい(*^_^*)
| トラキチ | 2006/02/10 12:09 AM |
トラキチさん、お久しぶりです!
砂漠、本当に良い作品ですよね。
伊坂さんのこれからが期待できて嬉しいです。
私も砂漠を経験してから読み直したいと思います。

マイベス、投票するのとても楽しみです!
でも無理はなさらないで下さいね。
それでは、こちらこそこれからもよろしくお願いします。
| マリ | 2006/02/13 8:19 PM |









トラックバック機能は終了しました。
砂漠  伊坂幸太郎 実業之日本社 
とっても気になっていた、伊坂氏の新刊です。 「大学」というオアシスですごした四年間の 「青春グラフィティ」とも言うべき物語。 語り手である北村、やませみのような髪型を したいまどきの若者鳥井、 クールな美人の東堂、おっとりしてそうでなかなか 凄い能力
| おいしい本箱Diary | 2006/01/15 7:54 PM |
砂漠 [伊坂幸太郎]
砂漠伊坂 幸太郎 実業之日本社 2005-12-10 仙台の大学を舞台に、北村と彼の仲間たち、鳥井、南、東堂、西嶋ら、男女五人が繰り広げる青春物語。 大学に入学した「春」の章からはじまり、次の年の夏、またその次の年の秋、さらにその次の年の冬…ときてまた春になる
| + ChiekoaLibrary + | 2006/01/17 5:29 PM |
砂漠 伊坂幸太郎
砂漠伊坂 幸太郎 実業之日本社 2005-12-10by G-Tools 大学生活の「日常」を丁寧に描いてくれて、懐かしさを感じさせてくれる本です。ああ、大学時代って、こんな感じだったなあ、と。実際は、麻雀、合コン、ボーリングなど私はあまりしていないことを、彼らはするので
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/01/22 11:23 AM |
『砂漠』 伊坂幸太郎 (実業之日本社)
砂漠伊坂 幸太郎 / 実業之日本社(2005/12/10)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <“いつまでも素直な気持ちを忘れずに生きようよ!”ということを教えてくれる青春小説の決定版!> 今までの伊坂作品は本
| 活字中毒日記! | 2006/02/10 12:03 AM |
「伊坂幸太郎【砂漠】ドラマ化構想」という名の妄想。
3月5日に伊坂幸太郎の小説【砂漠】を読んでの感想を書きましたところ、「こばけん」さんからコメントをいただきました。 「ドラマ化するとしたらどんなキャスティングになるんだろう、などと想像するのが楽しい作品ですね」 というわけでドラマ化の妄想をふく
| ぱんどら日記 | 2006/03/08 11:17 AM |
伊坂幸太郎【砂漠】
あなたは「学生時代に戻りたい」と思いますか? 私は…… 学生時代、楽しかったけど、戻りたいとは思わない。 学生時代って辛いです。 毎年、試験が何回もあるし。レポート書いたり、宿題があったり。 世間の流行をいちいち追わないとダメだ、
| ぱんどら日記 | 2006/03/08 11:23 AM |
『砂漠』伊坂幸太郎 〜西嶋の生き方〜
「昨日窓枠を外したという男が 僕に話し掛ける訳です あなた聞いてくれ 悲しい悲しいと言って  何も悲しいんじゃないとか 僕はそういうわけですよ だけどもね 僕は悲しい訳ですよ そして その男に(僕は)悲しいだろと聞く訳です だから歌おうじゃありません
| モグラのあくび | 2006/03/20 9:21 PM |
「砂漠」伊坂幸太郎
タイトル:砂漠 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :実業之日本社 読書期間:2006/03/03 - 2006/03/06 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何
| AOCHAN-Blog | 2006/03/30 1:42 PM |
砂漠 [伊坂幸太郎]
砂漠伊坂 幸太郎著 amazonでレビューをみる オンライン書店BK1でレビューをみる 麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考え、もがく5人の学生たち。社会という「砂
| 玉葱の本棚 | 2006/05/16 12:33 AM |
砂漠 伊坂幸太郎
砂漠 ■やぎっちょ評価コメント(この本はエビノートさんオススメで読みました。エビノートさんありがとう!!) 超能力があってもいいんじゃないか、って思う人は先にワンクリック 普通系ですね。内容が。というより日常系かな。 無理、飛躍した設定はなくて大
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/05/17 2:45 AM |
伊坂幸太郎「砂漠」を読破!!
砂漠 (新潮文庫)(2010/06/29)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 伊坂幸太郎の「砂漠」を読み終えた。 文章が読みやすかったのと、面白かったので、すぐ...
| タヌキおやじの日々の生活 | 2010/07/31 12:12 AM |
砂漠<伊坂幸太郎>-本:2010-40-
砂漠 (新潮文庫)クチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2010/6/29) # ISBN-10: 4101250251 評価:94点 決して大学生活を振り返って感傷的になるわけではないけれど、この小説を読んでいて、あの4年間はなにものにも代えがたい貴重なものだったのだと改めて感じさせられた
| デコ親父はいつも減量中 | 2010/09/23 9:23 AM |