Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< ミステリ既読調査 2005 | TOP | 海堂尊『チーム・バチスタの栄光』  ★★★☆ >>
上遠野浩平『ビートのディシプリン<SIDE4>』  ★☆
ビートのディシプリン〈SIDE4〉
ビートのディシプリン〈SIDE4〉
上遠野 浩平
「何かある度に、毎回毎回こんな風にボロボロになっていたら保たないわよ、実際」
「俺はずっとこうしてきたんだよ」
「だからそんな風に頑固になったのよ。味オンチだし」
「あ、味オンチは関係ねーだろ」
「あるわよ。余裕のない生活してるから、感受性が鈍くなってんのよ」
「俺は鈍くねーよ!」
「充分に鈍いわよ!」

 ついに! ビートのディシプリンが完結しました……四巻に渡って繰り広げられた“カーメン”を巡った戦いは……結局よくわかりませんでした。私の頭が悪い。1は読書日記をつけていない頃、2は2004年4月18日、3は同年11月5日に読んでいる。うん、忘れても仕方ないよ! ランダバウトって誰だっけ!(重要人物だと思われる)
 人ってどうして苦労するのかなあ?辛いこととか苦しいことって、何が理由なんだろう―私、浅倉朝子は普通の女子高生だったんだけど、でも私の人生は、奇妙な男の子と出会ってすっかり変わってしまった。統和機構とか、合成人間とか、特殊能力とか―得体の知れないものが殺し合ってる、こんな殺伐とした世界なんて、私は全然知らなかった。でも知ったからって、それが答って気もあまりしなくて…彼はどうなんだろう。謎の“カーメン”の正体を見つけられたら、そこで彼の旅って終わるのかな――強敵たちとの死闘、理不尽な混迷、そして過去との再会を経て、遂に少年は目的の地に辿り着く。厳しい試練の果てに、ピート・ビートが見つけた答とは……。(Amazon)
 相変わらず愛すべきフォルテッシモ! 彼には今後とも活躍して頂きたいですねー。頑張って! ハッピーエンドみたいだから、めでたしめでたし、ってことで。
 上遠野浩平は『機械仕掛けの蛇奇使い』が一番好きだったかも。趣味がモロバレですね。ブギーポップシリーズはもはや覚えていないし、EDシリーズもメインの三人しか覚えていないし、虚空三部作も記憶の彼方です。自分の記憶力の悪さに溜息をつきつつ、ルルド・バイパーは二度と出てこないのかしらと思いを馳せます。
 カーメンってのは自分のよりどころとするものなの? 誰か解説をお願いします。読み直す気が起こらない。
| ライトノベル | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/458660