Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 有川浩『図書館戦争』  ★★★★☆ | TOP | 恒川光太郎『夜市』  ★★★ >>
あさのあつこ『弥勒の月』  ★★☆
弥勒の月
弥勒の月
あさのあつこ
 痛みにも、苦痛に耐えることにも、脆くなった。自らの肉を斬らせて相手の骨を断つことにも、心を僅かも乱さず止めを刺すことにも、瞬時の隙をついて急所を抉ることにも、脆くなった。もう、できまい。人というものと結びついた時、人はここまで脆くなる。
 何をどうしたものだか、『透明な旅路と』の続編だと勘違いしていた。続編が出るって話を聞いていたからだけど、それにしてもアホすぎる。開けてびっくり時代小説でした。あさのさん初だね。ヤングアダルトのみに留まらず、手を広げているのはいい傾向だと思います。しかし、私はやっぱり少年が好き。本書は12〜18の少年が好きだと公言するあさのあつことしては珍しく、少年が出てこない。まさか、そんなことが有り得るのか……? と思ってたら有り得ました。彼女の児童書は未読だから、下手なことは言えないが。
 小間物問屋「遠野屋」の若おかみ・おりんの溺死体が見つかった。安寧の世に満たされず、心に虚空を抱える若き同心・信次郎は、妻の亡骸を前にした遠野屋主人・清之介の立ち振る舞いに違和感を覚える。――この男はただの商人ではない。闇の道を惑いながら歩く男たちの葛藤が炙り出す真実とは。(Amazon)
 岡っ引きの伊佐治と同心の信次郎が殺人事件の真相を探り出そうとするが、手ごわい中ボス遠野屋、そしてラスボスのあの人はおかしなことに、ってな話です。ごめんなさい嘘です。もっと深いはずです。
 私は時代小説があまり得意ではないのに加え、最近では困ったことにややこしい言葉を無意識にすっとばして読む悪癖がついてしまったので、あまり理解できていない。「心の闇」とかいうものを題材にしているんだろう。いやこんな軽くいっちゃいけねえよ……すみません。
 艶っぽく狂気を孕んだ信次郎が好きです、ええ。大人の色気を出すことには成功しているのではないでしょうか。表紙の写真は綺麗だなあ。
| 歴史・時代小説 | 23:53 | comments(2) | trackbacks(1) |
マリさん、こんにちは。
わたしはあさのさんの著書を読むのは「福音の少年」に
続いて2冊めなのですが、色々なジャンルに
挑戦されている作家さんですね。

> 艶っぽく狂気を孕んだ信次郎が好きです、ええ。大人の色気を出すことには成功しているのではないでしょうか。

はい、全く同感です。
決して“いいひと”ではないのに魅力的なのですよね。
| tamayuraxx | 2006/05/12 8:59 PM |
こんにちは、コメントどうもです。
そうですね、児童書にヤングアダルトにSF、ホラーめいたミステリ、ついには時代小説と、かなりチャレンジャーですね。今気づきました(笑)

そう、“いいひと”であることと魅力的なこととは別物ですよね! 信次郎の色気にあてられました。
というかあさのさんの色気のある描写がなんともいえず好きです。
| マリ | 2006/05/15 12:24 AM |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/462858
[本]あさのあつこ「弥勒の月」
弥勒の月 あさの あつこ / 光文社ある月の夜、りんというひとりの女性が川に身を投げて死んだ。 この事件を取り調べる同心の信次郎と岡っ引の伊佐治。 だが、次々に亡きりんの周辺に事件が発生して・・・ 特に予備知識なく読み始めた本です。 ミステリ仕立ての
| Four Seasons | 2006/05/12 8:50 PM |