Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 『心理学通になる本』 | TOP | さくらももこ『ももこの話』  ★★☆ >>
綾辻行人『人形館の殺人』  ★☆
人形館の殺人
人形館の殺人
綾辻 行人

 ――は笑った。
 微かに、喉の奥不覚で。
(怯えるがいい)
 唇の端が僅かに吊り上がる。
(充分に、怯えるがいい)
 急いではいけない。まず恐怖を与え、じわじわと追いつめ、そして……。
(そして……)

 感想を書くに当たって「メタミステリ」という言葉の定義を調べていたんだが、……結局よくわからない。幻想的な要素が入ってるってこと? 誰か教えてください。本作は館シリーズの中でも異質で、賛否両論評価が分かれる。これがメタミステリなのか微妙に本格なのか、さっぱりわからない。確かに今までの本とは毛色が違ったけれど。
 はっきり言ってしまうとかなり拍子抜け。前作が凝っていて、すっかり騙されたのもあり、え? これが結末? どんでん返しは待っていないの? と別な意味でびっくり。かなり初期の段階から大筋はわかったし……トリックが鮮やかに解き明かされる場面を望んでいた私にとって、期待はずれと言ってもいいかもしれない。それとも犯人をわかった上で楽しむものなの? 疑問で一杯だ。
 飛龍想一は、母と共に、亡父が遺した京都の館に越してきた。邸内には体の一部が欠けた奇怪なマネキンが置かれており、近所では子供の連続殺人が起こっている。時折蘇る幼少の記憶、そして向けられる悪意――赤く染まったマネキン、玄関の石ころ、自転車のブレーキ、――忍び寄る殺人者――。
 一部が欠落したマネキン、ときいてすぐ『占星術殺人事件』が頭を過ぎった。なんてったって島田潔。案の定だった。辻井雪人なるペンネームの作家を出してきたのもおもしろい。言葉遊びがお好きなようで。
 このオチがミステリとしてアウトかどうか、といったら私はセーフだと思う。でも、普通ではない……これ以上はネタバレになってしまう。
 あの悪意はどうみても外から向けられたものじゃないと感じた。犯人は想一以外に考えられなかった。密室も、彼なら関係ないし。トリック自体はすごいものではない。ただ、二重人格ではなく三重になっていたとは驚いた。島田は実際の島田だとばかり……あれまでも造り上げられた人格だったのか。希早子は襲われた時そりゃもうビビっただろう。
 異質と呼ばれる所以は勿論この犯人だろうが(語り手に幻視されても読者は信じるしかない)、他にもある。この人形館は中村青司の設計ではないのだ。次に、島田が前後の手紙でしか出てこない。彼が好きなので結構ショックだった。ううん、文庫の裏表紙「名探偵島田潔と謎の建築家中村青司との組み合わせが生む」っていうの、間違ってやないかい? 番外編っぽい。
 島田の代わりに探偵役を務める架場という人物、彼が残す曖昧さが怖い。まさか実は犯人……? でも希早子を襲ったのは確かに想一。うーむ。
| ミステリ・エンタメ | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/46754