Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 北方謙三『いつか海に消え行く』  ★★★ | TOP | あさのあつこ『地に埋もれて』  ★★ >>
伊坂幸太郎『終末のフール』  ★★★★
終末のフール
終末のフール
伊坂 幸太郎
「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」文字だから想像するほかないけれど、苗場さんの口調は丁寧だったに違いない。「あなたの今の行き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

 公式サイトにあるように「派手ではないけれど大事な小宇宙が8つ詰まった、大事な本」。ほんのりと生きている素晴らしさを教えてくれる。
 八年後に小惑星がぶつかって、地球は滅亡すると判明してから五年後を描く、連作短篇集。本書に限って他作品とのリンクはないそうです。よかったー。終わってしまう世界の話だなんて、思いたくないもの。
 終末のフール:
 太陽のシール:
 篭城のビール:
 冬眠のガール:
 鋼鉄のウール:
 天体のヨール:
 演劇のオール:
 深海のポール:
 「アルマゲドン」や「ディープ・インパクト」といった映画も隕石が衝突する話。わかったのが衝突の少し前だったから、民衆はパニックを起こしていた。この小説のように、恐怖に長時間耐えることはなかった。あとがきでもあったけど、八年前から衝突を断言することは難しいらしいから、実際ぶつかることになったらパニック起こして死ぬのかも。八年猶予があるのとは、全然違うね。
 八年先に絶対地球が滅亡するとしたら、ある意味幸せにのんびりとした生活が送れそうな気もする。土屋さんみたいな。だって就職しようと必死になることもないし、たくわえがあればお金の心配だってしなくていい。でも、八年の間でこれからやるつもりだった事を全てやるなんて到底無理。最期を一人で迎えることになったらってのも心配だし。
 やっぱり絶望しちゃうのかな。それともがむしゃらに生きるのかな。私はこれを読む前に「のだめカンタービレ」という漫画を読み通していたから、音楽家はどうするんだろうと思った。趣味でピアノを弾く身としても、弾きたい曲がたくさんあるのに。まだ弾けない曲でも、十年後には弾けるようになるかもしれないのに。八年じゃ、足りないよね。いくら時間があっても足りないんだから。
 私はいつまで生きるつもりで生きているのか。少なくとも、明日までではない。一年後でもないだろう。脳内ビジョンではお婆さんになるまで生きているつもりだ。生物はいつ死ぬかわからないのだから毎日を悔いのないように生きろと言われても、どうしても未来を考えてしまうんじゃないかな。論点がずれてしまうけど。今日好きなことをやる前に、明日やずっと先を見据えてやらなければいけないこともある。好きなことをしていたいけど食べていくために就職しなきゃいけない。いつ死んでもいいようにおいしいものばかり食べていたら、明日明後日と太っていくわけで(笑)でも明日死ぬって言われたら、大枚叩いて好きなもの食べるな。難しい。矛盾してる。
 穏やかに死を迎えられたらいいなあ。
| 現代小説(国内) | 00:44 | comments(2) | trackbacks(5) |
こんにちは。
私も趣味で楽器を弾きますが、
あと数日で世界の終わりと言われたら弾かないと思います。
でも八年あったら、練習するかもしれないなあ。
恐怖心から逃れるためにも、暇を潰すためにも。
八年猶予があるって、絶妙な設定でしたよねー。

> でも明日死ぬって言われたら、大枚叩いて好きなもの食べるな

そうですよねー。私もです!では。
| ゆうき | 2006/05/13 6:18 PM |
こんにちは。
ゆうきさんはバイオリンを弾かれるのですよね。
確かに、数日だったら今更弾いても……って感じですね。
八年あれば曲のレパートリーがかなり増えそうです。私は生きていられれば弾きたいなあ。

リミットがあればダイエットとか何も考えずにとりあえず気持ち悪くなるまで食べます!
多分、本は読まないんだろうなあとも思います。
読みたい本はたくさんあるだろうけど、何か、明日死ぬのに読書って気分じゃないような。八年あれば心血注いで読むけど(笑)
| マリ | 2006/05/15 12:30 AM |









トラックバック機能は終了しました。
● 終末のフール 伊坂幸太郎
終末のフール伊坂 幸太郎 集英社 2006-03by G-Tools , 2006/05/13 「じたばたして、足掻いて、もがいて。生き残るのってそういうのだよ、きっとさ」この本は大好き。しみじみといい本だった!伊坂さんの最近の作品ではダントツに好き。「砂漠」よりずっと好き。
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/05/13 6:14 PM |
『終末のフール』(伊坂幸太郎)@命と向かい合う勇気とは
セミナー等でいつもお世話になっているYさん【→こちら】から「知り合いの息子さんが小説を書いているんだけど・・・伊坂幸太郎って、結構有名なんだけど知ってる?」というのが読ん
| 今日、僕が学んだこと。〜一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ〜 | 2006/05/15 1:15 AM |
終末のフール 伊坂幸太郎
終末のフール ■やぎっちょコメント いや〜。すがすがしいお話でした!! 小惑星が地球にぶつかるまで3年。仙台郊外の各家庭を舞台に8つの短編から成っています。 伊坂さんお得意の、ストーリーの登場人物を他のストーリーにちょい役で登場させたり、登場人物にカッ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/06/29 6:55 PM |
「終末のフール」伊坂幸太郎
タイトル:終末のフール 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :集英社 読書期間:2006/08/07 - 2006/08/11 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。 2xxx年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」
| AOCHAN-Blog | 2006/08/30 11:51 AM |
伊坂幸太郎【終末のフール】
「8年後、地球に小惑星が衝突する」というSF的な設定が私は怖くてダメで、世間の皆さんが「【終末のフール】、そんなに怖くないよ。すごく良いよ」と言っているにも関わらず、ずっと避けて通ってきた。 が、本書を図書館
| ぱんどら日記 | 2006/10/30 3:35 PM |