Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< いしいしんじ『雪屋のロッスさん』  ★★★☆ | TOP | 森谷明子『七姫幻想』  ★★★☆ >>
瀬尾まいこ『強運の持ち主』  ★★☆
強運の持ち主
強運の持ち主
瀬尾 まいこ
「あの時は、ああ、またこれを繰り返したいなって思ったんだ。なんかさ、映画とか海とか行った後って、帰ってくると、デートがやっと終わったって、ほっとしちゃう面もあるだろう? でも、ジャスコに行ったときは、またすぐに行きたいって単純にそう思えた」(ファミリーセンター)

 ううむ、よかったんだけど、瀬尾まいこには結構期待してしまっている分拍子抜け。『卵の緒』『幸福な食卓』が一番かな。
 会社をやめて占い師になった吉田幸子。ルイーズという芸名で、ショッピングセンターに店を構えている。強運の持ち主である通彦と同棲しながら、幸子は今日も二十分三千円の占いをするのだった。そんな設定の連作短篇集。
 ニベア:小学生の男の子が「お父さんとお母さんどっちかに決めてほしい」とやってくる。子ども相手に適当なことを言うわけにもいかず、ルイーズは男の子の家族を調査することに。
 ファミリーセンター:気になる人を振り向かせたいのでどうしたらいいか教えてほしい、と言う女子高生のまゆみ。ルイーズは様々なアドバイスをするも、悉くうまくいかず……。
 おしまい予言:関西弁の大学生の男の子、武田平助。彼は物事の結末がわかってしまうという能力を持っていた。どのように生かしていくべきか、ルイーズの店で勉強したいと言う。
 強運の持ち主:アシスタントとしてくるようになった竹子さんは、まじめで良い人だが、しっくりいかない。ためしに通彦を占わせてみたところ、最強の幸運は離れ、闇の中に突入するとの結果が。
 今読み返したらやっぱり心がほんのり暖かくなる感じなんだけど、飛びぬけたものはないなあ。デートの場所に提案するとこがスーパーってのは『優しい音楽』を思い起こしました。張り切って遠出しなくても楽しいのがいいな。
| 現代小説(国内) | 23:10 | comments(2) | trackbacks(2) |
こんにちは。
期待が大きすぎると、外れたときの落胆が大きいですよね。
この作品が、瀬尾さんの初読みだったので、
暖かく雰囲気のいい作品という印象でした。
デートの場所がスーパーというのは、盲点というか、
生活につながってて、いい感じでした。
| 藍色 | 2006/09/15 11:38 AM |
こんにちは、コメントありがとうございます。
そうなんですよ、瀬尾さんに対する期待が大きくて……
この本、ほんわかした気持ちになれますよね。次も読んでみようかなという気にもなるし。
是非他の作品も読み進めてみてください。
スーパーでデート、親子でもカップルでも楽しめちゃいそうですね。
互いを知る上でも大きな手がかりになりますし。
| マリ | 2006/09/20 2:05 AM |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/515623
強運の持ち主、瀬尾まいこ
装画はコイヌマユキ。装幀は大久保明子。 別冊文藝春秋2004年5月号から2005年5月号の不定期掲載4編を収録した連作短編集。 短大卒業後、事務用品会社での営業の仕事を半年で辞めてから始めて、天職とも言えるほど
| 粋な提案 | 2006/09/15 11:39 AM |
強運の持ち主 瀬尾まいこ
強運の持ち主 ■やぎっちょ書評 瀬尾まいこ月間でもありますからね。家族モノか学校モノかと思っていたら、恋人モノでしたね。そういえばこういう恋人モノもある!! にしても、よく思うんだけど、瀬尾まいこ小説に登場する男子(彼氏)はみんなこの本の通彦みたいな
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/02/12 1:06 AM |