Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< スティーヴン・ウェッブ『広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由』  ★★★★★ | TOP | 垣根涼介『ワイルド・ソウル(下)』  ★★★★ >>
小川一水『こちら、郵政省特別配達課』  ★★☆
こちら、郵政省特別配達課!
こちら、郵政省特別配達課!
小川 一水
「届けるものはお客の心。飛ばせなくても飛べなくっても、決して文句は言いません――だろ?」

 ラノベだ!笑 これぞラノベという本だった!
 「素早くお届けします。どんな物でもどこへでも。ただし切手が貼れる物」。かつて、今は亡き郵政省が宅配便相手に本気を出したことがある。好評既刊文庫2冊を合本。あのトッパイ伝説のすべてが明らかにされる。(Amazon)
 郵政省に転属になった八橋鳳一。エリートの仲間入りを果たしたと喜ぶが、彼の新たな職場は特別配達課であった。直属の上司・桜田美鳥は配達となると恐ろしいスピード狂と化してカウンタックを爆走させるし、課長の和光は飄々としていてとらえどころがない。運ぶものは家に馬に宇宙への手紙、挙句の果てには……。後半はそんな特配課が存続の危機にさらされ、鳳一と美鳥、同僚達は日本全国を機械相手に奔走することに。
 勢いがある。実際、車やらトラックやらをものすごい飛ばすんだけどね! ヒロインの方が突っ走り気味で、ヒーローはフォローしたり打開策を提示したり。表紙絵のイメージが強くって(笑)脳内ではアニメ化されていました。文庫の時はもっと挿絵多かったのかなー。全部見たかった。
 カーレースやその他専門的な場面は飽きちゃったけど、配達に賭ける情熱が伝わってきたからまあいいか。水無川のエピソードではちょっと涙出たし。配達って物だけじゃなくて心を運ぶんだね。段々話が大きくなっていくのはさすが小川さん。水無川はもちろん隠居した老人とか、『大六大陸』に通じる登場人物ですね。
 二人のラブコメもおさまるとこにおさまって……まあわかってたよ。お幸せに!
 でも、小川一水の本はSFの方が好きかも。これからも追いかけます。
| ライトノベル | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/549701