Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 坂木司『青空の卵』  ★★★☆ | TOP | 米澤穂信『さよなら妖精』  ★★☆ >>
シドニィ・シェルダン『血族』  ★★★☆
Bloodline
Bloodline
Sidney Sheldon
 シェルダン氏の本で一二を争うくらい好きなんだなー。ちなみにもう片方は『明日があるなら』です。美女美男が出てきて、波乱万丈で、ラストのどんでん返し。わかりきったストーリーなのにこんなに引き込まれてしまうのはどうしてだろう。面白いからよね。先が気になって仕方がないから。
 私が彼を初めて読んだのは小学校五年生の時で、父の本だったんだけど、ぐいぐい引き込まれて当時の既刊を読み漁ってた。そのせいか段々と黒幕が見抜けるようになってきて、最近は読んでいません。それじゃつまんないよー。誰だ誰だ? ってはらはらするのが醍醐味なのにさ。
| 英語原書 | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/558117