Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< ユーゴー『死刑囚最後の日』  ★★☆ | TOP | 『これがワタシたちの小説ベストセレクション70』 >>
時雨沢恵一『リリアとトレイズ(4)』  ★★☆
リリアとトレイズ〈4〉イクストーヴァの一番長い日〈下〉
リリアとトレイズ〈4〉イクストーヴァの一番長い日〈下〉
時雨沢 恵一
「ママが前に言っていたのよ。“敵だったとしても、戦死者には敬意を払うべきだ”って」
「…………」
「死んじゃった人は、もう敵じゃないし」

 ヘタレのトレイズー!
 トレイズが借りたという湖畔の別荘で、年明けを迎えることになったリリアとアリソン。気を利かせたアリソンが一人街に出て、リリアとトレイズ二人っきりの大晦日になる。トレイズは、この機会に“自分が王子であること”をリリアに告げるつもりでいた。しかし――。年越しの瞬間、リリアとトレイズの、穏やかな年越しは一変する!二人はイクス王国を襲った犯罪へと巻き込まれてしまったのだ。リリアとトレイズ二人で反撃を開始するが、事態は望む方向には動かなくて……。“イクストーヴァの一番長い日”完結編! 巻末に短編サイドストーリー「メリエルとトレイズ」をスペシャル収録。(カバー折り返し)
 トレイズはやっぱりヘタレでした。いつになったら告白するんだよ! リリアちゃんはいい子でした。ベネディクトとフィーが前作に続いて絶好調活躍中。夫を人質に取られても口を割らないその潔さ。残念なのはアリソンたちの出番が少ないことです……もっとあの二人に出番を!
 時雨沢氏は割と躊躇なく人を殺しますよね。そこらへん世は無情よね。
 メリエル王女と仲よしの“お姉さま”とやらがトレイズを取っちゃいそうだよ、リリア! これでリリアとトレイズの仲もちょっとは進展することであろう……。
| ライトノベル | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/567759