Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 三浦しをん『風が強く吹いている』  ★★★★★ | TOP | ルイス・サッカー『穴』  ★★☆ >>
有川浩『レインツリーの国』  ★★★
レインツリーの国
レインツリーの国
有川 浩
 実際に会っての取材に応じてくださった方が偶然にも私の本を全部読んでくださっている方で、「難聴者を主人公にして恋愛物を書く」と申し上げましたら、
「それはあれですか、自衛官が地雷処理とかで失敗して難聴になったりするんですか?」
 私の一般的な位置づけはすでにそこか!? とか思いつつ、それでも書けるなと一瞬思った私は相当終わっています。(あとがき)

 このあとがきには笑わせていただきました! 私も有川さんの本全て読んでるけど、登場人物はいつも肉体的戦闘を繰り広げているものね。陸・海・空の自衛隊や特殊部隊……戦う男女が格好よくていいんですわ!
 きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うことはできません。ごめんなさい。かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった――。メディアワークス刊『図書館内乱』の中に登場する書籍『レインツリーの国』が実物となった。(Amazon)
 ということで、先に『図書館内乱』を読んでいた私には大体の内容の予想はついていた。有川さんが真っ向から恋愛物を! と本を開くと主人公の伸行はこてこての関西弁じゃありませんか! これもまた新鮮。
 昔熱中した『フェアリーゲーム』というライトノベル。ネットをさまよってたら見つけた感想を読んで、それに同感した信行がメールを送り恋ははじまった……これ、独り身女性読書ブロガーの方々には羨ましくありません?笑 私はめっちゃ羨ましかったぞ。
 目次の文章がストーリーを思い起こさせるので、引用しますと、1直接会うのが駄目やったら、せめて電話だけでもどうかな。2「……重量オーバーだったんですね」3傷つけた埋め合わせに自信持たせてやろうなんて本当に親切で優しくてありがとう。4「ごめんな、君が泣いてくれて気持ちええわ」4歓喜の国、でした。
 伸行とひとみ、両者の視点が交互になって物語は進む。有川さんならではの心理描写がえぐいんだなー。善意があってこその皮肉の応酬といいますか。掘り下げて掘り下げて深層心理に到達してしまうというか。若竹七海とはまた別のタイプ。若竹さんよりも、さらに日常的な部分においての感情だな。苛々とか、むかつくとか、よくある感情。
 恋愛って、出会って惹かれあって結ばれるだけじゃないよね。喧嘩もするし、齟齬も生じる。別に、大きな障害が立ちはだかっているわけじゃない。ちょっとしたことが(この本の場合は大したことだけど)乗り越えられない。どうしても気に食わないところも出てくる。そんなことを思いました。
 このところ障害者が出てくる本をよく読むけど、最後には強かに生きていく様が描かれていることが多いので、励まされるなあ。障害を持った人たちの心理も痛いほど伝わってくるし。実際に書いているのは恐らく五体不満足な人なのですが……。その手のノンフィクションを読むとなると、精神状態が良好でなきゃだめかも。
| 恋愛小説 | 08:25 | comments(0) | trackbacks(2) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/594942
レインツリーの国 有川浩
装幀は新潮社装幀室のはず。なぜかすべて横文字で、photograph by Takashi Otaka.design by Shinchosha Book Design Divisionとなっています。雰囲気作り?書き下ろし。 関西出身で東京の会社へ就職して3年の向坂伸行は、中
| 粋な提案 | 2006/10/26 6:00 PM |
「レインツリーの国」有川浩
タイトル:レインツリーの国 著者  :有川浩 出版社 :新潮社 読書期間:2007/03/15 - 2007/03/16 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うこ
| AOCHAN-Blog | 2007/04/17 9:46 PM |