Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 北乃坂柾雪『匣庭の偶殺魔』  ★★☆ | TOP | 小川洋子『ミーナの行進』  ★★☆ >>
竹内真『自転車少年記』  ★★☆
自転車少年記
自転車少年記
竹内 真
 たった一人で、好きな方へと走っていける。知らない町を通りすぎ、見知らぬ世界に旅立てる。――きっとそれは、一人ぼっちだからできることだろう。

 そんな景色を眺めて進んでいるうちに、失ったものに対する感情だけで走っているわけじゃないと気がついた。こうして明るい気分で走っていられるのは、自分の中に新しい何かを求める気持ちがあるからだ。眼前に広がる見知らぬ風景そのものが、自分にペダルを踏み込む力を与えてくれるのだ。
 自分は今、見知らぬ景色の一部になっている。そう思うと、身体の組成までが変化していくような感覚を味わえた。息を吸い込んで吐き出すたびに、だんだんと新しい自分に生まれ変わっていく気がする。

 どこで薦められてたのか忘れてしまった。「少年記」ってのが決め手だったんだろうな。
 幼い昇平の乗った自転車がスピードを出しすぎて飛びこんでしまったのは、草太の家の庭だった。ふたりは、その日、生涯の友と出会う。海まで必死にペダルをこいだ。強豪高校にレースで挑んだ。そして、東京発糸魚川行きの自転車ラリーを創った。もちろん素敵な恋もした。爽快無類の成長小説。(Amazon)
 少年が影響を及ぼしあって成長していく青春小説は大好物だけど、やっぱり、女性作家が書く少年たちの方が好きだなあ。なぜなら少年たちの彼女とかに興味がないから(笑)二人(伸男を入れて三人か)がもっと閉鎖的で複雑な感情を抱いていてほしいのだ。男性作家だとあっけらかんとしちゃうじゃん! 本当に爽やかでまっすぐに成長しちゃうんだもの! 物足りないー。
 四歳の昇平が、自転車に乗って草太の家に突っ込んでしまうとこから物語ははじまる。目次を見ればわかるとおり、四歳から二十九歳までの彼らが描かれている。年齢は目次にしか書いてないので、章が変わるごとに今何歳なのよ!? って目次に戻ったり。二段組に驚いたけど、これはきっと携帯小説だったゆえに改行が多いからでしょう。含むところもなく、少年たちのようにまっすぐな文章なのでさっさと読めます。
 どうやら文庫はこれをもとに書き下ろしているみたいですね。そんなに違うのだろうか?
| 現代小説(国内) | 20:49 | comments(1) | trackbacks(1) |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/07/29 11:15 PM |









トラックバック機能は終了しました。
恋空という小説について
インターネットでも人気がある小説「恋空」をご存知ですか?
| 恋空の人気の秘密 | 2006/12/16 8:51 AM |