Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 玄侑宗久『お坊さんだって悩んでる』  ★★★★ | TOP | 遠藤秀紀『人体 失敗の進化史』  ★★★★☆ >>
古処誠二『UNKNOWN』  ★★★☆
UNKNOWN
UNKNOWN
古処 誠二
「そうだね、負けた方は生涯コーヒーをおごり続ける、というのは?」
「うーん、やめておきます。わたしの方が不利ですから」
「コーヒーの量のことかい? それとも賭け自体のことかい?」
「両方です」

 この作家は初。とても読みやすく面白かった! 大好きな自衛隊ものだしね。んもー出てくる人は皆自衛隊員なんだもの。ときめく。シリーズ追おうっと。
 侵入不可能なはずの部屋の中に何故か盗聴器が仕掛けられた。密室の謎に挑むのは防諜のエキスパート・防衛部調査班の朝香二尉。犯人の残した微かな痕跡から、朝香は事件の全容を描き出す。完璧に張り巡らされた伏線! 重厚なテーマ性! リアリティ溢れる描写力! 熱く、そして端正な本格ミステリが登場した。第14回メフィスト賞受賞作。(裏表紙)
 メフィストというとトンデモな印象があるけど、本書は良い意味で普通でした(笑)こういうのは悪いかもしれないけど、適度な長さと軽さで、適度な登場人物の人数で、適度な事件(殺人ではないってことで)なんじゃなかろうか。熱さはともかくとして、端正で本格。とにかく読みやすい。文章の流れはひっかかるところが多少あったかな。とってつけたような感じが。
 軽い読み口だけどラストは苦め。日本の自衛隊の人たちって、実際どうなんだろう……。入隊するにあたり人生根こそぎ調べられる、ってのはすごいね! どこから入手するんだ情報を。
 ますます防衛庁ツアーに行きたくなってしまった。基地も見学してみたいなあ。
 盗聴器が仕掛けられたのではなく、盗聴器入り電話を仕掛けたのであった。中林士長にはフラグが立っていたけど、かわいそうだなあ。桜庭三尉に事故を目撃されたのが運のツキ。脅されて、でも言いなりにはなりたくなくて。
 確かに、今の自衛隊には目に見える目標なんて昇進しかないのかも。
 国防の観点と平穏な暮らしを望む住民の観点――。相反するのにどちらも必要であるという、これ以上ない矛盾に板ばさみとなっていたのだ。
 答えは出なかった。

 自衛隊が近くにいてくれたらすぐ守ってくれていいじゃない(何より自衛隊基地ってときめくし笑)と軽率に考えてたけど、自衛隊がいるからこそ狙われるってのもあるんだよなあ……アンビバレンス。
| ミステリ・エンタメ | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。