Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 芳沢光雄『数学的思考法 説明力を鍛えるヒント』  ★★★ | TOP | リリー・フランキー『東京タワー』  ★☆ >>
恩田陸『チョコレートコスモス』  ★★★★
チョコレートコスモス
チョコレートコスモス
恩田 陸
 まさか。まさかそんな。神谷は混乱し、客席も混乱した。恐怖に満ちたざわめきが、客席に渦巻き、オーケストラの演奏と重なり合う。
 少女は動かない。顔のないマネキン人形のように、こちらを向いてじっと立っている。
 ひょっとして、あれは、本当に人形なのでは? 暗闇の中から人形を光の下に押し込んだとか?

 響子は、あらゆることに腹を立てていた。弱気な自分、欲しいものを欲しいと言わない自分、お高く留まった自分、恵まれ、自惚れている自分。
 ええ、そうよ。あたしは本当は欲しかったのよ。

 息継ぎなんてさせず、一気に読ませてしまうストーリーテリングはすごいとしか言いようがない。恩田陸の引力すごい。私も風呂が段々温くなるという障害がなかったら息継ぎなしでいけたのに……!笑
 「まだそっち側に行ってはいけない。そっち側に行ったら、二度と引き返せない」幼い時から舞台に立ち、多大な人気と評価を手にしている若きベテラン・東響子は、奇妙な焦りと予感に揺れていた。伝説の映画プロデューサー・芹澤泰次郎が芝居を手がける。近々大々的なオーディションが行われるらしい。そんな噂を耳にしたからだった。同じ頃、旗揚げもしていない無名の学生劇団に、ひとりの少女が入団した。舞台経験などひとつもない彼女だったが、その天才的な演技は、次第に周囲を圧倒してゆく。稀代のストーリーテラー・恩田陸が描く、めくるめく情熱のドラマ。演じる者だけが見ることのできるおそるべき世界が、いま目前にあらわれる!(Amazon)
 演劇って一度も見たことないな。一度は見ておきたい、と思わせられた作品でした。
 登場人物結構いたけど、そんなにいなくても大丈夫そうだよね。わたしはひたすら響子を応援してた。特別なものを持たない私は、演劇界のサラブレッドなんて妬ましいけど、嫉妬や羨望の描き方がよかったので。
 オーディションでは同じ場面を何度も繰り返すけど、飽きずに引っ張られたな。神谷や巽と一緒にぞっとしたり鳥肌立てたりして。恩田さん恐怖や不安を煽ることにおいては天才的じゃないですか。
 恩田陸は物語を死ぬほどうまく展開させるくせに、収束させるのがイマイチな時がある(最たる例は『失われた楽園』)けど、本書は良い方かな? この先が見たいんだよーとは思う。これから面白くなりそうじゃない。飛鳥についてはあんな不穏なこと言ってたくせに、大して響いてない。続きが読みたいよ。響子についてはバレバレでしたね(笑)
 どうやら続編があるみたい。ここで終わらせたら勿体無いものね! まだ序章って感じだし。
| 現代小説(国内) | 00:49 | comments(2) | trackbacks(3) |
こんにちは。「やぎっちょのベストブック」のやぎっちょです。この度、Ciel Bleuの四季さんと一緒に本ブログのリンク集「ほんぶろ」を作りました。http://blog.livedoor.jp/honblo/
現在「やぎっちょブログ」の方のリンクをそのまま貼り付けていますが、より正確なブログの説明文などを登録フォームからお送りいただくよう皆様にお願いしています。http://form1.fc2.com/form/?id=152350
運良くライブドアの「本が好き!」企画にリンクを貼っていただき、既に読者が流れてきています。皆様のブログも見てもらえるようお手伝いできれば幸いです。
私の名前のリンクにメールアドレスを記入していますので、わからないことなどあれば遠慮なくお尋ねください。
ご協力いただけると私も四季さんもとてもうれしいです。よろしくお願い致します。本文に直接は関係のないコメント失礼致しました。
| やぎっちょ | 2006/12/06 2:38 PM |
こんにちは。
本ブログのリンク集だなんて素敵な企画に、お声をかけていただきどうもありがとうございます!
早速登録させて頂きました。
運営とても大変だと思いますが、よろしくお願いいたします。
| マリ | 2006/12/10 1:42 AM |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/613752
恩田陸【チョコレートコスモス】
森山良子のアルバム【あなたが好きで】に収録されている『30年を2時間半で……』という曲をご存じだろうか? あなたが好きで森山良子 (2004/12/29)ドリーミュージックこの商品の詳細を見る 厳密に考えて、これを
| ぱんどら日記 | 2006/12/06 3:26 PM |
妄想キャスティング――恩田陸【チョコレートコスモス】
この本を読んでいて、ヒロイン「佐々木飛鳥」を演じる宮崎あおいのイメージが頭に浮かんでずっと消えなかった。 ぱんどらの妄想キャスティング、主役の「佐々木飛鳥」は宮崎あおいに決定。 難しいのは、演
| ぱんどら日記 | 2006/12/06 3:27 PM |
「チョコレートコスモス」恩田陸
タイトル:チョコレートコスモス 著者  :恩田陸 出版社 :毎日新聞社 読書期間:2007/03/27 - 2007/03/29 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 舞台の上の、暗がりの向こう。そこには何かが隠されている。どこまで行けばいいのか? どこま
| AOCHAN-Blog | 2007/05/07 5:21 PM |