Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< ニッコロ・マキアヴェリ『君主論』  ★★★★ | TOP | 2006年まとめ >>
古川日出男『ロックンロール七部作』  ★★★★☆
ロックンロール七部作
ロックンロール七部作
古川 日出男
 何が何だかわからないけどとにかくすごい。ロックンロールに興味の欠片もないのに、泣きたくなったりもした。文章に力があって、ストーリーにも力があって、古川日出男はすごいなあ……と思った。あらすじを書くなんて野暮なことはしません。読めばわかるから。
 ロックでポップな、新たなる20世紀神話。“あたし”が語るのはロックンロールの誕生と隆盛。爆発的に広がるロックを追いかけつつ、物語は20世紀という時間、七大陸という空間を呑み込んでゆく。壮大なヴィジョンで描き直す新・20世紀史。(Amazon)
 『ベルカ、吠えないのか』に似ている。でもベルカより読みやすかったし、ノリやすかった。七部作に分かれているからかもしれない。これを長編で一気にやられたら……それを成功させることができるのが古川さんですが。
 古川日出男って何考えてるんだろうなあ。どうやればこんな話が書けるんだ? 登場人物の名前、日本人のものだけでも熊吉=幸運な熊、英子=優秀なガール、だからね。無理でしょ。こんな話を書くの、他の人には(もし古川日出男みたいな作家を見つけたら是非教えてください)。大学でやってたトークショー、行っておくんだったなあ……。何を喋るのか、口調は、見ておけばよかったぜ。畜生。
 壮大って言葉が似合いすぎるなあ。世界を駆け巡って、20世紀を駆け巡って、地球は丸いんだとか全ては繋がっているんだとか、ギター一本背負って旅に出たくなっちゃうよね。クラシックバージョンも描いてくれればいいのに(笑)わはは。
| 現代小説(国内) | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/625199