Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 古川日出男『ロックンロール七部作』  ★★★★☆ | TOP | 堀川哲『エピソードで読む西洋哲学史』  ★★☆ >>
2006年まとめ
 あと2時間ほどで今年も終わります。いかがお過ごしでしょうか。せっかくなので、今年印象に残った本をいくつか挙げてみることにします。


風が強く吹いている
風が強く吹いている 三浦 しをん
 今年一番楽しませてもらったのは、やっぱりこれかなあ。興奮しすぎてろくな感想書いてないんですが(笑)この本のおかげで私はここ三ヶ月、マラソンしてます。健康維持に役立ってます。


江戸川乱歩全短篇〈3〉怪奇幻想
江戸川乱歩全短篇〈3〉怪奇幻想 江戸川 乱歩, 日下 三蔵
 乱歩の「芋虫」はものすごい衝撃を与えてくれました。あの三文字がトラウマになるっつーの! 今年は乱歩を読みはじめた記念すべき年です。どの短編も倒錯的でエロくていっちゃってて素敵なんだわ。


復活の地 1
復活の地 1 小川 一水
 これぞエンタテインメント!! これで泣かずにどこで泣く! 熱すぎる! 小川一水は『老ヴォールの惑星』と『復活の地』がダントツで面白かったな。来年は他の本も読むぞ!


暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで
暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
 サイモン・シンのすごいところは面白くてわかりやすいところです。信じられないくらい徹底してそうなの。まだ三冊しか本出してないので、今後が楽しみでたまりません。現在ビッグバンの原書を読書中(年内に終わらなかった)


仮面の告白
仮面の告白 三島 由紀夫
 心から好きなんですこの手のエロスが(笑)三島の文体は美しいの一言に尽きるわ。古典(ってほどでもない)もちゃんと読んでおかなきゃ日本人としてだめだな、と思った。それほどすごかった。次は『金閣寺』だな。


 今年はこんなところかな。来年もたくさんいい読書体験ができますように。それでは皆さんよいお年を!
| ----年間ベスト | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/625253