Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 河野博子『アメリカの原理主義』  ★★★★☆ | TOP | 保江邦夫編『早分かり物理50の方式』 >>
田中芳樹『銀河英雄伝説(6)』  ★★★★
銀河英雄伝説〈6〉飛翔篇
銀河英雄伝説〈6〉飛翔篇
田中 芳樹
「あなたは以前から良心的な政治家といわれておいでですし、実際にいくつかの行動でそれを証明していらっしゃる。そのあなたにして、国家のために個人の人権が犠牲になるのは当然だ、と、そうお考えですか」
 レベロの表情は、このとき呼吸器障害の患者を思わせた。
「当然とは思わない。だが、こうは思わないかね。人間の行為のなかで、もっとも崇高なものは自己犠牲だ。君はこれまでじつによく国家のために献身してきた。その生きかたを最後まで貫徹することが、後世、君に対する評価をいやが上にも高めるだろう」

 フレデリカが結婚したと思ったら一気に女性を前面に押し出してきて嫌だ。彼女は男社会の軍でかなりの地位を得ていたんだからもっとこう……まあ、最初からそういうスタンスだったけど……でも……。
 宇宙歴799年、23歳の若き君主・ローエングラム王朝初代皇帝ラインハルトが誕生した。だが、首席秘書官・ヒルダの従弟であるキュンメル男爵がラインハルト暗殺未遂事件を起こす。一方、軍を辞してフレデリカと結婚し、静かな生活を送っていたヤン・ウェンリーも安らぎを奪われつつあった。帝国側は、軍事的英雄である彼を潜在的危険人物と見なして監視をつけたのだ。平和が戻った宇宙は再び風雲急を告げる。(裏表紙)
 シェーンコップが格好よすぎる件。いいわ彼……(笑)
 ヤンの新婚生活は落ち着く間もなかったね。ヤンファンとしてはのほほんしてる彼らを見てるのもいいですが、やっぱり物語が動かないと! 波乱に満ちた時代だったんでしょうしね! 薄命っぽいヤンがどこまで生きのびるのか見届けます。
| SF | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/666787