Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< トルストイ『クロイツェル・ソナタ/悪魔』  ★★★★☆ | TOP | ゲルト・ギーゲレンツァー『数字に弱いあなたの驚くほど危険な生活』  ★★★ >>
時雨沢恵一『リリアとトレイズ(6)』  ★★
リリアとトレイズ 6 (6)
リリアとトレイズ 6 (6)
時雨沢 恵一
「わたくしの命を守るために――、外にいるという者達を皆殺しにするというのですか?」
「御意」
 トラヴァス少佐が、うつむいたまま短く鋭く返した。
「それは、あなたやあなたの部下の命も守ることになるのですか?」
「御意」
「ならば――、存分にやりなさい」

 シリーズのクライマックスのはずなのに、あんま盛り上がれなかったなあ。リリトレの二人に思い入れが少なかったのが原因か。ストーリー自体も、このエピソード前編からテンポが悪いというか、乗り切れないところがあった。説明にうんざりしちゃったのかも。残念。好きだけどね、台詞回しとか。変態さんとか(笑)
 春休み明けに控えている学院恒例ダンスパーティの相手が決まらないまま、母親のアリソンと列車での旅行に出かけたリリア。一方そのころとレイズは、婿入り話の相手の、観光案内役を引き受けるはめになっていた。しかもその相手の女性の護衛は、なんとトラヴァス少佐だった。(カバー折り返し)
 アン王女はなかなか素敵な女性でしたよ。
「ちょっととレイズ、まさか、“隠すつもりはなかったんだ”とか言うんじゃないでしょうね!」
 トレイズは、今度は即答する。大声でしっかりと。
「いいや! ずっと隠すつもりだった!」
 リリアは、むう、っと唸ったあと、
「ならよし!」
「いいのか?」「いいのか?」

「いろいろ聞きたいことがある!」
 リリアは、目の前にいる人間を頭から喰い殺さんばかりの勢いで、そう言った。
「い、いろいろと言いたいことがある……」
 首元を締めつけられながら、トレイズが弱々しく言った。
| ライトノベル | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/676995