Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< ドリトル先生シリーズが | TOP | フランツ・カフカ『変身』  ★★☆ >>
本多孝好『正義のミカタ』  ★★★★
正義のミカタ―I’m a loser
正義のミカタ―I’m a loser
本多 孝好
「豊かさはそこまで行き着いちゃったのさ。自分は満足している。そのツギにはどんな欲求が生まれるか。他人の満足を否定したくなるんだよ。お前はそんなところで満足しているのか。俺はもっと上にいるぞ。その感覚がその人を満足させる。自分の中で行き着いて、一度消えてしまった満足は、もう他者との比較の中でしか生まれない。僕も君も、彼らだって、置かれた状況の中で生存することはできる。けれど、その中で生きていくことはできない。一生、他人の満足のネタにされて生きていくなんて、できるわけがない」

 何年ぶりの新刊ですか?笑 まだ作家やってらしてよかったですよ。
 とにかく読みやすい。私が大学生だからかもしれないけど、この文章のさらさら感は信じられない。本多さんの文体はものすごく好き。
 高校でいじめにあっていた亮太は、同級生が誰もいないような大学に努力して入学する。明るい大学生活が始まると思いきや、そこにはいじめの主犯格だった畠田という奴が。ぼこられているところを、同じ語学のクラスのトモイチに助けられる。彼が亮太を連れて行ったのは、“正義の味方研究部”。
 正義って、そんなものを語れるような人間じゃないけど。最近私生活で絶望することがあって、しかもそれは他でもない自分に絶望しているわけであって、他のものに押し付けられなくてぐるぐるしていたところに、この本を読んだらすーっと落ち着いて、どうにかなるよなあ、私生きてるしなあ、と思えたのでよかった。読んだタイミングがよかった。
 ストーリーそのものは微妙かなあ。何とも言えない後味。悪い方の割り切れなさ。でも爽やか。本多さんならでは? 亮太のお父さんは軽く反則だと思う。泣いてた。私は本多さん、こんな人なのかなあと重ねながら読んでいた。何となくね。
 本を読まない弟が一生懸命読んでいたわけがわかった。彼は受験生だ。私は大学生で、この先のレールはすでに決まっているのかもしれないけど、それなりに楽しくやってるから、いっか。
「いじめられるのに強いのも弱いのも関係ないさ。強さと弱さが試されるのは、いじめられたそのあとだ。お前はそれを乗り切った。たった一人で乗り切った。お前は、強いんだよ」
 ごめんな、と父さんは呟いた。
「父さん、何も助けてやれなかった」
「いいよ、何、言ってるんだよ」と僕は言った。「だって、大学に行かせてくれた」

「どうしたのさ、それ」
「一馬先輩だよ。やり合った」
「どうして?」
「あいつが俺のダチをボコボコにしやがったからだ」
 僕は空を見上げるトモイチの横顔を見た。
 俺のダチ? それは僕のことか?
「ボコボコにって、だって、トモイチだってやったじゃないか」
「あいつもそう言った」とトモイチは頷いた。「俺の可愛い後輩をボコボコにしただろうって。だから喧嘩になった」
| 現代小説(国内) | 23:14 | comments(2) | trackbacks(1) |
こんにちは。ごぶさたでした〜。
しばらく更新されてなかったので心配してました。
私生活でご自分への絶望が…
でも、いいタイミングでいい本を読まれて良かったですね。
この作品、前半は痛快で勢いに引き込まれて、
後半は正義って何だろう?って、考えさせられました。
後ろの抜き書き部分、本多さんの会話文の上手さにあらためて驚きました。
こちらと『少女には向かない職業』『海の底』にトラバさせていただきました。
| 藍色 | 2007/07/09 10:14 AM |
こんにちは、お久しぶりです!
あわわ、気にかけていただいてありがとうございます。おかげさまですっかり元気になりました(笑)
本の力ってすごいなあ……と改めて痛感しました。
本多さん、ほんと曲者ですよね。
あまりの読みやすさに物語に引きこまれ、気付いたら読み終えていました。
正義って何でしょうね。
私も優姫先輩すごく好きです。女として尊敬します。
TBありがとうございます!
桜庭さん、ついに直木賞候補にまでなってびっくりしてます。赤朽葉、読まないで返してしまったのですごく後悔(笑)
| マリ | 2007/07/09 9:27 PM |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/690718
正義のミカタI'm a loser 本多孝好
装丁は松昭教。書き下ろし。 主人公で語り手の蓮見亮太は飛鳥大学に入学。高校時代のいじめっ子も入学してて再会。窮地を救った同級生、桐生友一(トモイチ)に連れられ“正義の味方研究部”に入部。好転する大学生活。ある日
| 粋な提案 | 2007/07/09 10:02 AM |