Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< エーリヒ・ケストナー『動物会議』  ★★☆ | TOP | エーリヒ・ケストナー『ふたりのロッテ』  ★★★★☆ >>
ウーリー・オルレブ『走れ、走って逃げろ』  ★★★★
走れ、走って逃げろ
走れ、走って逃げろ
ウーリー オルレブ, Uri Orlev, 母袋 夏生
 ノンフィクションというカテゴリでいいのだろうか……? 児童文学のつもりで読んだら、実話でした。
 ユダヤ人が強制移住させられたゲットーで、8歳のスルリックは家族と生き別れになってしまった。ゲットーから脱走したものの、農村で働き森を放浪する日々は過酷そのもの。片腕を失い、ついに過去の記憶をも失ってしまうが。それでも少年は精一杯生きる術を身につけ、友情を育んでいく。実話にもとづいた勇気あふれる物語。
 題の通り、逃げて逃げてひたすら逃げて、という話。一人で放り出されても生きていかねばならないんですよね。
| エッセイ・ノンフィクション | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。