Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< あさのあつこ『晩夏のプレイボール』  ★★☆ | TOP | 吉本ばなな『アムリタ(上)』  ★★☆ >>
トルストイ『アンナ・カレーニナ(上)』  ★★★
アンナ・カレーニナ (上巻)
アンナ・カレーニナ (上巻)
トルストイ, 木村 浩
 浮気をするアンナの話ってことしか知らなかったので、あばずれ女なアンナを想像していたんだけど全く違った。魅力的な淑女じゃないか(途中まで)。旅行中のホステルにあって、読むのが大変そうなロシア文学は暇つぶしにぴったりじゃないか! と持ち出したんでした。
 表題でもある主人公アンナと、ヴロンスキーの激しい愛。もう一人の主人公リョーヴィンと、キチイの穏やかな愛の二つが主軸である。(Wikipedia)
 読み終えたのがかれこれ一ヶ月前なのでうろ覚えだけど、翻訳ものの描写は微に入り細をうがつ感じだよね。心情をこれでもかー! と繰り返し丹念に描いてくれる。特に、目をそむけている自分の欠点に気付くあたりは、そうそう、と恥ずかしくなるほど頷いてしまった。よくぞあのぐるぐるとした思いを言語化できるものだね! オースティン『高慢と偏見』もそうだった。
 思っていたより読みやすかったし四人の行く末が気になるので、続きを読もうかな。ロシア文学の金字塔だしね。常識だよね。
| 文学 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/719836