Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 津原泰水『ピカルディの薔薇』  ★★★★☆ | TOP | あさのあつこ『NO.6 #6』 >>
夏目漱石『こころ』  ★★★★☆
こころ (岩波文庫)
こころ (岩波文庫)
夏目 漱石
 今更な一冊。高校時代に挫折したんだ確か。年を重ねた今はどうして挫折したんだろ? と思います。面白くてすぐ読み終えちゃった。
 親友を裏切って恋人を得たが、親友が自殺したために罪悪感に苦しみ、自らも死を選ぶ孤独な明治の知識人の内面を描いた作品。鎌倉の海岸で出会った“先生”という主人公の不思議な魅力にとりつかれた学生の眼から間接的に主人公が描かれる前半と、後半の主人公の告白体との対照が効果的で、“我執”の主題を抑制された透明な文体で展開した後期三部作の終局をなす秀作である。(Amazon)
 まず文章が本当に好み。美しい。ねちっこくなくていいです。石を漱ぐって字がぴったりだよ。こんな文章が書けたら!
 アメリカではゲイ文学とも言われるようですが、ゲイではないだろうよ! そう称するとわびさびみたいな日本的な性質がなくなる気がする(笑)ゲイって言葉のせいか。同性愛って呼ぶとそうでもないもんな。でも同性愛とは思いませんでした。そこがいい。憧憬や尊敬や嫉妬、が行き過ぎてしまった感じ、いいですよねー。私と先生とKの織り成す関係性がたまらんね。
 今になって楽しめるってのは私のオタクスキルが上がったからかもしれない……(遠い目)
| 文学 | 00:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
漱石の名は、石で口をすすぐ、から採ったものですよ。

「流れで口すすぎ石を枕とする」生活を送りたいものだ、というのを間違えて「流れを枕とし石で口をすすぎたい」と言ってしまった人が居て、友人に突っ込まれたわけです。
すると負けず嫌いの当人曰く、「流れを枕とするのは髪を洗うためで、石で口をすすぐのは歯磨きだ」と。

漱石はそのエピソードを気に入って自分のペンネームもそこから採った、というわけです。諧謔を愛する性格が伝わってきて良い名前だと思います^^
| すかいらいたあ | 2007/12/16 10:13 PM |
大変おそばせながら……。

そのエピソードは何となく聞き覚えが。
石で口をすすぐと歯磨きになるという発想が面白いですね。そんな、石で歯磨きだなんて! 磨けないよ!笑
漱石の文章は小さな石をころころ転がしているようなさっぱり感が好きです。

最近、漱石がいかに優秀な頭の持ち主だったのかを知りました。すごいなあすごいなあと尊敬する事しきりです。
| マリ | 2008/01/08 11:54 PM |









トラックバック機能は終了しました。