Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 角田光代『八日目の蝉』  ★★★☆ | TOP | 本多孝好『FINE DAYS』  ★★★★☆ >>
角田光代『Presents』  ★★★☆
Presents
Presents
角田 光代
 女性が一生の間に、親、友達、恋人、子供などからもらう様々なプレゼント。そのプレゼントをテーマにした12編の短篇小説を、年齢を追いながら角田光代氏が紡ぎ、イメージを膨らませた絵を松尾たいこ氏が描きます。ここに描かれているプレゼントは、単なるモノではありません。生れて初めて親からもらう「名前」や、中学生のときの「初キス」など、接する人々の想いが深く込められたかけがえのないものです。ページをめくっていくと、親しい人にふと感謝の気持ちがわきおこり、そして、自分自身も優しい気持ちになれる作品に仕上がりました。(Amazon・出版社より)
 説明はまことにもっともだと思います。個人的に短編の方がじんわり心が温まり、大事にしたい度が高いんだけど(長編はストーリーに目がいっちゃうからね)、この短編集はまさにプレゼント。
 しかし角田さん、不倫や浮気の話が好きね!
| 現代小説(国内) | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。