Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 夏目漱石『坊っちゃん』  ★★★★☆ | TOP | 舞城王太郎『暗闇の中で子供』  ★★★ >>
夏目漱石『門』  ★★★☆
門 (新潮文庫)
門 (新潮文庫)
夏目 漱石
 三部作の個人的評価は、それから>門>三四郎 でした。御米かわいいよ御米。
「誠の愛」ゆえに社会の片隅に押しやられた宗助とお米は、罪の重荷にひしがれながら背をかがめるようにひっそりと生きている。宗助は「心の実質」が太くなるものを欲して参禅するが悟れない。これは求道者としての漱石じしんの反映である。三部作の終篇であると同時に晩年における一連の作の序曲をなしている。

 『それから』は主人公が煮えきったし、真っ赤なラストシーンが心に焼き付いてる……でも去年の私は「わかんねー!」って言ってるね(笑)今読めばきっと変わるんだろう。『三四郎』のストレイ・シープってぶつぶつ繰り返して終わるのも好きだけど。粘着質っぽくて。『門』は『作家になりたいなら漱石に学べ!』で最後のやり取りを先に知っちゃったんだよね。それにしてもほんと、宗助は後ろ向きだな! 冬が嫌いで夏先から次の冬を忌んでしまう私みたいだ!笑
| 文学 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/778965