Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 綾部恒雄『よくわかる文化人類学』 | TOP | Fiona Bowie『The Anthropology of Religion』 >>
原尻英樹『文化人類学の方法と歴史』
文化人類学の方法と歴史
文化人類学の方法と歴史
原尻 英樹
 著者によると日本語でこの手の学説概論書は書かれていなかったそう。アレッと思ったら読書中の放送大学テキストをまとめたものでした。同じ人か。コンパクトにまとまってて読みやすかったよ。
 構造機能主義ラドクリフ=ブラウンと機能主義マリノフスキーのくだりが面白かった。マリノフスキーは晩年、弟子が皆ラドクリフ=ブラウンの元へ行ってしまったために寂しくすごしたんですってよ!! かわいそう!笑 マリノフスキーはトロブリアント諸島でのフィールドワーク中、性欲をもてあましていたらしい。母国に恋人がいたので、現地人と行うこともできず……私はマリノフスキーのそんなところが好きです。
 こういう、学者の人となりを教えてくれるのはありがたいね。原典に当たればいいのは分かってるけど皆著作が多い・長くて……(笑)
| 人類学 | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/786521