Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 原尻英樹『文化人類学の方法と歴史』 | TOP | P.G.ウッドハウス『ジーヴスと朝のよろこび』  ★★★☆ >>
Fiona Bowie『The Anthropology of Religion』
The Anthropology of Religion: An Introduction
The Anthropology of Religion: An Introduction
Fiona Bowie
 宗教人類学の教科書(と裏表紙に書いてあった)。二ヶ月くらいかけてちまちま読んでいたのが多分終わった。最初と最後以外適当に読んでいったので。
 入門者のために語りかけるような文体で書いてあって、著者自身の英語は割と分かりやすいんだけど、何しろ引用がとても多いので、そんな理解してないと思う(笑)でも有名な人物や著書の英語表記を把握できたのは助かる。英語の方が端的で分かりやすかったりするしね。マリー・ダグラス“Purity and Danger”とか。日本語だと何とかと汚穢、ですよ。難しいよ。
 フランス人のフーコー、スペルがFoucaultで、見たとき誰だこいつ? と思いました。ああフーコーね! 確かにフーコーだわ! ポワロと同じようなことになりました。
 もう一回通読すればどうにかなりそうな感じ。面白いことは面白いさ、自分の興味範囲だからね。
| 英語原書 | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/787086