Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 綾部恒雄『文化人類学の名著50』 | TOP | パトリシア・K. タウンゼンド『環境人類学を学ぶ人のために』 >>
紅玉いづき『MAMA』  ★★★
MAMA (電撃文庫 こ 10-2)
MAMA (電撃文庫 こ 10-2)
紅玉 いづき
 海沿いの王国ガーダルシア。トトと呼ばれる少女は、確かな魔力を持つ魔術師の血筋サルバドールに生まれた。しかし、生まれつき魔術の才には恵まれなかった。ある日トトは、神殿の書庫の奥に迷い込んだ。扉の奥から呼ばれているようなそんな気がしたから。果たしてそこには、数百年前に封印されたという人喰いの魔物が眠っていた。トトは魔物の誘いにのった。魔物はその封印から解き放たれ、トトは両耳を失った。そして強い魔力を手に入れた――。これは、孤独な人喰いの魔物と、彼のママになろうとした少女の、儚くも愛しい歪んだ愛の物語。第13回電撃小説大賞“大賞”受賞『ミミズクと夜の王』の紅玉いづきが贈る、二つ目の“人喰い物語”。(セブンアンドワイ)

 好きな人がべた褒めしていたので期待値が高くなってしまい、読後感としてはよかったけどそれほどではない、でした。しかしハッピーエンドを心から受け入れられる、キャラクターが幸せそうだと私も幸せ、という方向へ読者を持っていくのはうまいよね。ハッピーエンドになってほしいと願えて、完璧に予定調和なそれが叶えられてもなお、ああよかったねおめでとうと泣けるあたり。ええ泣きましたとも。
 愛しかない、というのは本当にそうだ。愛を描けるんだからそのまま突き進んでほしい。
 短いのは手軽でいいけど、もうちょっと詰まった話も読んでみたいかな。
 お、同人活動してるのか。ペンネームはいづきが漢字になって、紅玉伊月とのことです。創作は三日目……さすがに三日連続は……(笑)
| ライトノベル | 20:01 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/788147
「MAMA」紅玉いづき
海沿いの王国ガーダルシア。トトと呼ばれる少女は、確かな魔力を持つ魔術師の血筋サルバドールに生まれた。しかし、生まれつき魔術の才には恵まれなかった。ある日トトは、神殿の書庫の奥に迷い込んだ。扉の奥...
| 粋な提案 | 2011/05/13 6:49 PM |