Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 三浦しをん『光』  ★★ | TOP | 伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』  ★★★ >>
ジョアオ・マケイジョ『光速より速い光』  ★★★★
光速より速い光 ~アインシュタインに挑む若き科学者の物語
光速より速い光 ~アインシュタインに挑む若き科学者の物語
ジョアオ・マゲイジョ,青木 薫
 科学の新発見は「常識を疑うこと」から生まれる。しかし、アインシュタインの相対性理論に反論することは、科学者にとって自殺行為にも等しい。若き天才科学者マゲイジョは、まさに科学者生命を賭けて「光速変動理論(VSL)」を発表した。 いまや定説のビッグバン・モデルは、最新のインフレーション理論でも解決できない矛盾を抱えている。その宇宙的大問題に、VSLは驚くべき発想の転換をもたらした。 本書は、この理論が学界に大きな波紋を巻き起こすまでの科学者たちの葛藤と、相対性理論からVSLまでをわかりやすく説いた最新宇宙論。(Amazon)

 少しずつ読んでいたら終わりの頃には前の話を忘れていた! 原題と違って邦題はどうしても漢字が被っちゃうのが何だかもったいないね。
 面白かったです。特に専門的な記述以外の、体制批判や他学者たちとの交流模様が面白かった(笑)サイモン・シンを読んでも思うけど、科学者とその周辺の愛憎劇は本当に面白いね。それだけで十分エンターテインメントになるよ。人類学の分野でもケンブリッジ・オックスフォードの貴族主義はうんたらかんたら、とリーチが申しておりました。
 肝心のVSL理論は、光速が変化するという以外はよく分かっていないような(笑)そこに到達するまでに必要な理論の説明は、既に忘れかけているとはいえ、割と分かりやすかったんだけどな。理系知識の全くない私が言うのもあれだが、まだ発展段階だから仕方ないのかな。インフレーション理論やVSL理論やその他にたくさんのバージョンがあることを初めて知りました。インフレーション理論ってそれで一つのものじゃないのね。
 ひも理論家が美にこだわりすぎだとか、そこらへんも面白かったなあ! ここまでくると科学って何ぞや、と思う。統一理論なんて某宗教でも語られているし、究極の原理を求めるという点では宗教も科学も同じように見える。神はいないと言いながら神の例えは捨てられないんだし。
 著者の科学に対する情熱がひしひしと感じられた。この人はいい探求者でありいい指導者なんだろうな。指導者に不可欠なのは対象への愛だと思うので。この熱はきっと科学者の卵を産むよ。また一般向けの書籍を書いてくれたら嬉しい。
| 宇宙・物理・数学 | 00:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
数年前ですが、私も本書を知的興奮と共に読みました。こちらを拝見し、当時を思い出した次第です。

インフレーション宇宙論自体がビッグバン宇宙論を救うために出来たのに、それも継ぎ接ぎだらけになってしまっているというのは知られてませんよね。

等方性問題と地平線問題を共に解決してしまう刺激的な仮説の面白さが本書の一番の魅力だと思いましたが、ご指摘の通り「科学者とその周辺の愛憎劇」も楽しい読み物でした。

私も次の著作に期待しております。
| Skywriter | 2009/04/29 12:30 AM |
Skywriterさんの記事を拝見し、面白そうだったので読んでみました。笑

>インフレーション宇宙論自体がビッグバン宇宙論を救うために出来たのに〜
仰る通り、私自身がそうでした。てっきりインフレーション理論で解決されていて、あとは細かい部分をつめるだけなのかとばかり。
宇宙のはじまりを説明するのによく使われている図やポスターはインフレーション理論をベースにしたものですが、VSL理論がそれに取って代わったとしたら、どんなイメージが用いられるんだろうと思います。

愛憎劇、楽しかったですよね。彼の感情が駄々漏れで(笑)
ぜひまた情熱的な本を書いてほしいです。
| マリ | 2009/05/07 7:43 PM |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/840298