Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 渡辺淳一『失楽園』上  ★ | TOP | Rebecca Brown『The Dogs』  ★ >>
ハーヴェイ・ジェイコブズ他『グラックの卵』  ★★★
グラックの卵 (未来の文学)
グラックの卵 (未来の文学)
ハーヴェイ ジェイコブズ,Harvey Jacobs,浅倉 久志
 アンソロジー“未来の文学”第二弾は、浅倉久志選による“ユーモアSF”傑作集。太陽系のかなたから巨大な鳥が地球へと飛んできた―幻のナンセンスSFがついに翻訳、ボンド「見よ、かの巨鳥を!」、酔いどれ天才科学者が発明した機械の正体をめぐる大騒動! カットナー「ギャラハー・プラス」、超能力集団の悩みとは……コグスウェルの皮肉な小品「スーパーマンはつらい」、ヘボ絵描きの思いがけない運命を描く、テンの代表作「モーニエル・マサウェイの発見」、愛すべきファンタジー佳品、スタントン「ガムドロップ・キング」、調子のオカしいロボットを書かせたら天下一品! テンポ快調、グーラート「ただいま追跡中」、ニュー・ウェーヴSFの異端児スラデックの代表作「マスタースンと社員たち」、手放しのアルコール礼賛小説、ノヴォトニイ「バーボン湖」、そして浅倉セレクション秘蔵のヒップなオフビート・コメディ、ジェイコブズ「グラックの卵」。本邦初訳5篇を含む、粋で洒落てて、とにかく楽しい全9篇。(Amazon)

“ユーモア”といわれると私はウッドハウスを連想するわけですが、そんな感じではありませんでした(笑)だよねー。ウッドハウスはSF書いてないのかな……。
| SF | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/850755