Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 東川篤哉『密室の鍵貸します』  ★★☆ | TOP | 東川篤哉『館島』  ★★★☆ >>
東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
密室に向かって撃て! (カッパ・ノベルス)
密室に向かって撃て! (カッパ・ノベルス)
東川 篤哉
 烏賊川市の外れ、鳥ノ岬にある十条寺食品社長宅に銃声が轟いた。撃たれたのは、偶然居合わせた「名探偵」鵜飼杜夫。失われた銃声の謎と「衆人環視の密室」に、鵜飼とその弟子が挑む。書下ろし長編推理小説。(Amazon)

 シリーズ二冊目! 飾ったところがなくてテンポよく読める文章なので、サクサク片付けていきたいところ。なかなか面白かった。やはり犯人はあてさせた上で、それ以降を問題にする作風なのかもしれない。十分なヒントはあったし、言われてみればそうなんだけど、考え付かなかったなあ。読者へ証拠を隠し立てすることもトリックとして無理すぎることもなく、フェアなミステリだと思う。
 キャラクターへの愛着が増してきた。戸村くんは、割としょうがない人なんだね(笑)さくらちゃんって四冊目にも出てたっけ? 朱美さんの印象は結構強いんだけど……いかんせん内容をすっかり忘れている。スノーモービルで警察が登場したような記憶があるけど、どうか。鵜飼と朱美さんの微妙な関係が気になるぞ!
| ミステリ・エンタメ | 14:09 | comments(1) | trackbacks(1) |
こんにちは。
同志社大学ミステリ研究会の広瀬と申します。
東川先生の作品記事を拝見し、
突然ですが、お知らせさせていただきます。

今年の6月に我々同志社ミス研は東川篤哉講演会を主催しました。
その時の講演会録、そして会員による東川先生の全作レビューを
機関誌「カメレオン」に掲載し、
11/26〜11/28に行われる同志社EVE祭で販売いたします。
ご都合が合いましたらお越しください。

また、DMS公式ページでも通信販売を行う予定ですので、
どうぞそちらもご覧ください。

http://www.donet.gr.jp/~dms/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=DMS+Wiki


突然失礼しました。

| hirose | 2010/11/17 2:44 PM |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/851563
密室に向かって撃て!東川篤哉
烏賊川市警の失態で持ち逃げされた拳銃が、次々と事件を引き起こす。ホームレス射殺事件、そして名門・十乗寺家の屋敷では、娘・さくらの花...
| 粋な提案 | 2010/08/24 10:07 AM |