Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 石持浅海『Rのつく月には気をつけよう』  ★★☆ | TOP | J.K.ローリング『ハリー・ポッターと死の秘法』  ★★★★☆ >>
藤原伊織『てのひらの闇』  ★★★★
てのひらの闇
てのひらの闇
藤原 伊織
 二人の男の道を決定づけたのは、生放送中のスタジオで発せられた、不用意な、しかし致命的な一言だった――。二十年後、その決着をつける時が訪れ、一人は自死を、一人は闘うことを選んだ。著者の新たな到達点を示す傑作。(Amazon)

 面白かった。『ひまわりの祝祭』とは違ってストーリー的な意味で面白かった。文章もその組み立て方も、後に書かれたこっちの方がすっきりしていてうまい。でもどっちが好きか聞かれたら、私はひまわりを取る。何故なら原田が炸裂的にナイスなインテリヤクザだったからだよ!笑 しかも三十代前半という絶妙な年齢だったんだ彼は。しばらく原田を越えるキャラには巡り合わないんじゃないかと思う。
 閑話休題。本書も主人公や周りの人々、とくに女性は魅力的だったよ。地の文でナミちゃん呼びはどうかと思うけど、ナミちゃんはかっこよかった。大原もかっこよかった。あ、でも一番かっこよかったのは坂崎かな。何だあの万能選手。おいしいところを全部攫っていったぞ。
 ただ、藤原伊織は「まり」という名前が好きみたいですが(『ダックスフントのワープ』にも出ているっぽい)、本名が同じだからどうにもむず痒くて……次に読みたい『シリウスの闇』には出ていなさそうでほっとしてます。あとゲイのインテリヤクザも好きなのかな(笑)これは私も大好物だから、もっと出てきてほしいんだけど。
| ハードボイルド | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。