Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< ジョルジュ・バタイユ『マダム・エドワルダ』 | TOP | Brian Wynne編『Misunderstanding Science?: The Public Reconstruction of Science and Technology』 >>
S.ストックルマイヤー編『サイエンス・コミュニケーション 科学を伝える人の理論と実践』
サイエンス・コミュニケーション―科学を伝える人の理論と実践
サイエンス・コミュニケーション―科学を伝える人の理論と実践
S.ストックルマイヤー,佐々木 勝浩
 科学を効果的に伝えるための基礎知識、異文化理解としてのサイエンス・コミュニケーション、公衆に科学技術を伝えるなど、サイエンス・コミュニケーションの理論と実践を集めた総合的なテキスト・ブック。(Amazon)

 公衆の科学理解という雑誌の、『エレガントな宇宙』についての論文の参考文献リストに載っていたので。オーストラリアで刊行されたらしく、読んでてイーガンみたいだな……と見当はずれの感を抱いてましたw オーストラリア=イーガンだろっていうね! 大衆向け科学本で修論書きたいですと言ったらそれは人類学ではないと言われたので未だ方向性が決まっていない。
 科学コミュニケーションの本だったら日本語で結構出てるからちっと読んでみるかな。
| 人類学 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/894531