Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 大原まりこ『ハイブリッド・チャイルド』  ★★★☆ | TOP | バルザック『ゴリオ爺さん』下  ★★★☆ >>
野尻抱介『太陽の簒奪者』  ★★★★
太陽の簒奪者 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
太陽の簒奪者 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
野尻 抱介
 西暦2006年、突如として水星の地表から噴き上げられた鉱物資源は、やがて、太陽をとりまく直径8000万キロのリングを形成しはじめた。日照量の激減により破滅の危機に瀕する人類。いったい何者が、何の目的でリングを創造したのか?―異星文明への憧れと人類救済という使命の狭間で葛藤する科学者・白石亜紀は、宇宙艦ファランクスによる破壊ミッションへと旅立つが…。星雲賞・SFマガジン読者賞受賞の傑作短篇、待望の長篇化。(Amazon)

 空飛ぶパンツが気になってw
 ファーストコンタクトもの。ろくにSF読んでないので今更とも思わず。全体としては面白かった、ただラストが結構あっさりしてたので、ってエンタメを求めすぎなんだけど……。いや、面白かったです。特に前半はわくわくした、ビルダーの狙いは何なんだよって。
 船の内部描写も面白かったな。ナノテクナノテク言ってたけど、ナノテクってそんなにすごいのかしら。ミクロな世界だけじゃなく、あんなに大きな建造物にもナノテクなのかしら。生きてるうちに異星の知的生命体が現れたら楽しそうだなあ。いないかな。エピローグよかった。
 主人公が女性である必要性を感じない、と思った時点で怒られそうではあるが、思ってしまったものはしゃあない。男である必要性もないがな。外側の描写に重点を置いた淡々とした話だった。短編バージョンも読んでみたいわ。
| SF | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。