Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< バルザック『ゴリオ爺さん』下  ★★★☆ | TOP | ガルシア・マルケス『コレラ時代の愛』  ★★★★☆ >>
ディーン・クーンツ『ベストセラー小説の書き方』  ★★★★
ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)
ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)
ディーン・R. クーンツ,Dean R. Koontz,大出 健
 どんな本が売れるのか?超ベストセラー作家が、自作をはじめ、さまざまな例をひきながら、成功の秘密を説き明かす。何百万もの読者に支持される人気作家ならではの、それ自体が一つのエンターテインメントとなるように計算された好読み物!巻末に読書ガイド「読んで読んで読みまくれ」添付。(Amazon)

 すげー面白かったwww 何故か笑えるw すげーテンション上がる。アメリカで大衆小説家として成功するための指南書。日本ではあてはまらないだろうけど(京都が舞台のやつ読もうかな)、ずばずば言ってるのが面白かった。台詞が30%以下の小説は成功しない!
 特に最初から主人公をピンチに陥れろという指示が素晴らしい。主人公はそれを解決しようとして逆に泥沼にはまるべし。最後は華麗に解決法を探し当てて実践するんだ!「主人公が斧を手にした精神異常の殺し屋と格闘したすえに、その斧をもぎとったとすれば、殺し屋の手にはナイフが光っているという具合だ。さらにナイフも奪い取ったところで、実はそいつが空手の達人だったことが判明する、というように設定していく」ってコメディじゃないのか?w もしかしてカップリング小説を書くなら恋愛小説指南書を読まなきゃいけなかったのかな?笑
 ウッドハウスと引き比べながら読んでしまった。ウッドハウスは登場人物(ジーヴスならバーティー)をとことん困難に直面させるよね。サスペンスとコメディは紙一重なんだな。あと、大衆小説には三人称が向いているとのことです。一人称ばっかりだよー恋愛なら一人称のが書きやすい、かな?
 巻末の読書ガイドは著者がSF出身なこともあってSF多いかも。スタージョンとベスターが入ってた。ディック『高い城の男』は読もうかな。電気羊は原書で読んだけど、ディックらしい文章が何たるかはさっぱり分からなかったぜ……!
 ドストエフスキーって新聞連載してたんだ。大衆向けに書いたものが読みつがれていくってのは口語体で書いた漱石と一緒だね。同じ時代でも鴎外は文語体だったからか漱石に比べれば読まれていないもんね。
 しかし結局は、「読んで読んで読みまくり、書いて書いて書きまくれ、というのが最高のアドバイス」であるようです。はい。練習します。
| 実用書 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/912900