Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< G.ガルシア=マルケス『わが悲しき娼婦たちの思い出』  ★★★★☆ | TOP | 古川日出男『アビシニアン』  ★★★★ >>
古川日出男『サウンドトラック』  ★★★
サウンドトラック
サウンドトラック
古川 日出男
 2009年、ヒートアイランド化した東京。神楽坂にはアザーンが流れ、西荻窪ではガイコクジン排斥の嵐が吹き荒れていた。破壊者として、解放者として、あるいは救済者として、生き残る少年/少女たち。これは真実か夢か。『アラビアの夜の種族』の著者が放つ、衝撃の21世紀型青春小説。(Amazon)

 これSF? ファンタジー? それとも青春小説だったの?笑
 前半かなり面白かっただけに、私はあの終わり方は残念だなあ。きっちり終わる話を好む傾向にあるからだけど、でもなあ。せっかく邂逅したんだし、奪還するとこまで読みたかったわ。トウタ・ヒツジコ・レニ視点の中では女子高生ヒツジコが一番好きでした。自分がカトリック系女子校に通ってたからだろうけどね。
 街なんかの描写はすごいよかった。具体的な固有名詞を出すとぶっとんだ話でもぐっと現実味が増すよね。神楽坂周辺行きたくなったもん(笑)飯田橋から本片手に歩いてこようかなあ。荻窪も降りたことあるからあの一帯が……って面白かった。ただ東京近辺の人じゃないと分からないよね。勢いのある電波な文章、古川さんの中でもこれはかなり好きな方で(といっても大して読んでないんだが)、ベルカも突っ走り気味だけどこっちの方が好きだなあ……人間主役だからかw ベルカは舞台が広いしな。
 あとこれは完全に私の趣味だけど、おまんこという単語はやっぱり嫌だわー。しかも女性が言っちゃう、「私のおまんこを覚えておいて」とか何とか。そんな台詞を言えるのは北原みのりくらいじゃなかろうか(笑)んーどうなの、それを嫌う姿勢がいけないの? バンバン使って慣れるべき?
| SF | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/924142