Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 遥洋子『東大で上野千鶴子に喧嘩を学ぶ』  ★★ | TOP | 森絵都『つきのふね』  ★★★★ >>
上野千鶴子『発情装置』  ★★★
発情装置―エロスのシナリオ
発情装置―エロスのシナリオ
上野 千鶴子
 人はなぜ欲情するのか?もはや「対」幻想の時代は終わった―ブルセラ、援助交際、セックスレス…地滑りを起こしたように変わっていく性意識。その構造を読み解く鍵とは? 20世紀というエロスの世紀を、快刀乱麻を断つごとく著者が鮮やかに跡づける。(Amazon)

 ざーっと読んだだけなので詳しいとこは覚えてないが、やっぱりね、北原さんを読むときも思うんだけど、世代の差をものすごく感じるんだよね。70年代にリブが「抱かれる女から抱く女へ」を掲げて運動しだしてから40年、たった40年ですごい変わったんだね。
 もちろんまだまだなんだけど、それでも全然違うよね。少年愛漫画考察で「風と木の詩」「摩利と新吾」「日出づる処の天子」や中島梓が取り上げられてたんだけど、ジルベールを男ではない第三の性と見たり、私はしてないんだよな。普通に男が男に犯されてハアハアというか……w 論文自体が少し前のものだったからね。今だったら腐界隈のにぎやかさを考察せざるをえない……書いてるかな、既に。男を男として消費する、そういう視線を大分身につけてきたように思いますよ。本に載ってたゲイ向けの男ヌード絵、めっちゃ萌えたもん……! あれ生で見たいわ!
 対幻想はもう終わった、みたいなこと対談では言ってたと思うんだけどどうだったかな……読み込んではないからな……恋愛の項あたりは世の恋愛万歳っぷりに疲れた人が読むとほっとするのではないでしょうか。私は結構しました。笑 フェミやゲイスタの当事者性についても興味深く読んだ。
| フェミニズム | 01:48 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/944408