Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 上野千鶴子『おひとりさまの老後』  ★★★ | TOP | 中田永一『吉祥寺の朝比奈くん』  ★★☆ >>
河合香織『セックスボランティア』  ★★★
「性」とは生きる根本―。それはたとえ障害者であっても同じことだ。脳性麻痺の男性を風俗店に連れていく介助者がいる。障害者専門のデリヘルで働く女の子がいる。知的障害者にセックスを教える講師がいる。時に無視され、時に大げさに美化されてきた性の介助について、その最前線で取材を重ねるうちに、見えてきたものとは―。タブーに大胆に切り込んだ、衝撃のルポルタージュ。

 ノンフィクというより、取材で見聞きした話への個人の感想徒然って感じだけれど普段ノンフィクションをあまり読まないので何とも言えない。筆者の恋愛至上的な思想(皆セックスの相手じゃなくて恋人が欲しいんだ)が私とは合わなかったな。健常者であれ障害者であれ、心の隙間を埋めあうパートナーではなく、割り切って楽しいセックスができればいいという人もいるだろうと思うんだけど、「楽しく」セックスする相手を見つけるのは健常者にとっても簡単ではないのに障害者にとっては更に……本への感想じゃなくなってきた。
 1940年代に設けられた優生保護法という法律が、96年に母体保護法に改正されるまで存続していたというのに驚いた。しかも戦後に成立かよ!? とググってみたら1940年の国民優生法から繋がってたみたいですね。にしてもそんな法律が最近まで普通にあったことにびっくりだ。
| エッセイ・ノンフィクション | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/952791