Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 中山可穂『感情教育』  ★★★★☆ | TOP | 中山可穂『猫背の王子』  ★★★★☆ >>
ナサニエル・ホーソーン『人面の大岩』  ★★★
 これは小説じゃなくて寓話なのか。小説なのか。「寓意作家」ってのは寓話作家とは違うのか。つーか寓話って何だ。ウィキぺディアに頼ると「道徳的な教訓を伝えるための短い物語・たとえ話である。そのような表現方法を寓意と言う」とあった。
 私としては短編の傑作と名高い「ウェイクフィールド」を理解できなかったのが情けなくてですね……これオースターが『幽霊たち』でパスティーシュしてるんでいいんだっけ? 書名を出しているだけ? せっかくだから柴田訳で読むべきだったかなあ。でも国書さんの装丁いいよね。
 「人面の大岩」はかなり分かりやすくて道徳的な雰囲気がある。「地球の大燔祭」は焚書もの。「ヒギンボタム氏の災難」はミステリっぽくて単純に面白く、このあたりからようやく興が乗ってくる。キリキリソテーにうってつけの日・こちらの記事にあるように、『予告された殺人の記録』めいている。最後のオチはチャーミング。んで「牧師の黒いベール」、私はこれが一番好きだったかな。タイトル通り、絶対に黒いベールを外さない牧師さんのお話。真っ黒いベールから透けて見える微笑を想像するだにぞわっとするわ。黒いベールが顔に落とす恐ろしいほどの存在感、不気味だ。これもマルケスの短編集に収められていても違和感ないなあ。
 ホーソーン少し読んだことあるよ! と言いたいがための読書であった(笑)ミーハー。
| 文学 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/952808