Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 仁川高丸『微熱狼少女』  ★★★★ | TOP | 藤原伊織『ダナエ』  ★★★ >>
松浦理英子『セバスチャン』  ★★
あなたにとって世界とは佐久間背理なんでしょう?…麻希子は大学を辞めた今も、同級生だった背理と「主人と奴隷」ごっこの関係を続けている。そんな麻希子の心に“身体的不自由”を武器にした少年が入り込み、やがて友人律子を巻き込んで三人の充足した日々が始まるのだが…未分化で豊かなセクシャリティを鮮烈に描く初期の傑作長篇。(Amazon)

 いまいちかなあ。表紙に「純文学長編小説」ってキャッチコピーが書いてあるけど、私は純文さっぱりだからな。主従ごっこする女性同士なら『ナチュラル・ウーマン』くらいやってくれないと心躍らないっていうか。綺麗なだけって感じがする。
 でもウィキペディアの年代別純文学代表作家を見ていると、純文って何だろうと思うな。山田詠美やよしもとばななもいるんだもの。個人的印象だが、山田詠美はちとあざといし、ばななは少女漫画なので、純文学作家という認識ではなかった。私の中の純文イメージは堀江さんが一身に担ってるw
| 現代小説(国内) | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/952814