Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< ユーディット・ヘルマン『幽霊コレクター』  ★★★☆ | TOP | 本多孝好『ストレイヤーズ・クロニクル ACT-2』  ★★ >>
津原泰水『妖都』  ★★☆
“死者”が東京に増殖し、街に自殺者が溢れ始めたのは、CRISISのヴォーカリスト、チェシャが自殺してからのこと。両性具有と噂された美しく妖しい彼が遺した歌「妖都」は、ヒットチャートを上昇中。“死者”が見える少女たちを取り巻く恐怖と加速する謎。明らかになる巨大な真実。世界をも震撼させる怪奇幻想小説の傑作。(Amazon)

 久々に、それこそ初読ぶりに読み返している。少女小説から一般書に進出した初めての本だっけな。そのせいか、だいぶ改行が多い。台詞や動作主が分かりにくいところも結構ある。でもこの緊張感はいい。街を題材にするのは一般小説のデビューからだったのね。『バレエ・メカニック』のホラー版か。
 『赤い竪琴』の寒川がビアンキに乗っているというのを友達に言われた後に『妖都』を読めば、台湾製のスポーツバイク(ジャイアント?)とか、マウンテンバイクとか「高価なロードレーサー」とか、自転車好きっぽい描写がちらほら見られる。
| 怪奇幻想 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/952869