Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』  ★★★★★ | TOP | 江國香織『神様のボート』  ★★★★ >>
ベルンハルト・シュリンク『朗読者』  ★★★★
ベルンハルト シュリンク
新潮社
¥ 594
(2003-05-28)

15歳のぼくは、母親といってもおかしくないほど年上の女性と恋に落ちた。「なにか朗読してよ、坊や!」―ハンナは、なぜかいつも本を朗読して聞かせて欲しいと求める。人知れず逢瀬を重ねる二人。だが、ハンナは突然失踪してしまう。彼女の隠していた秘密とは何か。二人の愛に、終わったはずの戦争が影を落していた。現代ドイツ文学の旗手による、世界中を感動させた大ベストセラー。(Amazon)

 松永美穂訳を昨日から読んでいるのだが、30代の女性と15歳の男の子の交歓から始まって軽くきゃっきゃしていたら、30代の女性はナチス時代の看守であり、罪を問われて裁判にかけられる、という展開でドイツ文学……と思っている。私がもっと教養のある人間だったら、あるいはドイツ人だったら即座に見抜くのだろうなあ。ちなみにこの翻訳はぶっちゃけあんまりうまくない。翻訳がうまくないのか原文がうまくないのかというのは私にはわからんけどな。うまい翻訳に当たると嬉しいだけで。
 カバー折り返しに「ギュンター・グラスの『ブリキの太鼓』以来最大の世界的成功を収めた」って書いてあるけどマジで? ギュンター・グラスレベルの作家なのかい?いや、実は読んだことはないんですけど、さすがに名前はね……。
 最後は予想していなかったのでショッキングだった。うーん。胸が重くなるな。
| 現代小説(海外) | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.mar.moo.jp/trackback/952930